1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ディアスポリスにシマウマも!人気漫画の実写化映画が続々と決定してる!

人気漫画ディアポリス・シマウマ・少女椿・燐寸少女・MARS・ 虐殺器官の実写映画かが決定!

更新日: 2016年02月14日

masarusanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
160 お気に入り 259893 view
お気に入り追加

『ディアスポリス』

キワどすぎる世界感から実写化不可能と称された伝説の漫画「ディアスポリス-異邦警察-」を、4月よりドラマ化、夏に映画化されることが決

マンガ・すぎむらしんいちさん、脚本・リチャード・ウーさんによるマンガ「ディアスポリス−異邦警察−」

原作マンガは2006年から2009年に週刊モーニングにて連載され、第14回文化庁メディア芸術祭のマンガ部門審査委員会推薦作品にも選出された。

「ディアスポリス -異邦警察-」は、東京にある密入国者だけの秘密の自治社会を舞台に、弱き者を助けるたった1人の“裏警察官”久保塚早紀の活躍を描き出す

主演を演じるのは"松田翔太"

今回4月から放送されるドラマと、夏公開予定の映画を通して主演を務めるのは、映画やドラマ、CMで強烈な存在感を放ち、日本を代表する俳優の一人、松田翔太

松田が演じる久保塚は、異邦警察「ディアスポリス」でただひとりの警察官で、自治社会で生きる弱者を助ける姿を描いている。

連載開始時から原作の大ファンだったという松田は、映像化することがあれば絶対に主役を演じたい―と10年間、熱望し続けていた。

ドラマ版の監督には、日本の映画界を担う冨永昌敬監督、茂木克仁監督、真利子哲也監督、熊切和嘉監督が集結し数話ずつメガホンをとる。映画は熊切監督が手がける。熊切監督は映画「私の男」(13年)でモスクワ国際映画祭グランプリを受賞後、初の作品となる。

連続ドラマは、『深夜食堂』『闇金ウシジマくん』シリーズをはじめ、多くの話題作を送り出してきたMBS・TBSの深夜ドラマ“ドラマイズム”枠にて放送。映画版は夏公開予定。

『シマウマ』

2010年より「ヤングキング」にて連載中の、小幡文生による “絶対に読んではいけない”といわれる人気漫画「シマウマ」が実写映画化されることが決定

小幡文生さん描く「シマウマ」は、他者に受けた屈辱などをありとあらゆる方法を用いて昇華させる“回収屋”の世界の描写を通じて、現代社会の暗部を強烈に切り取り、身近に潜む闇を炙り出す異色の作品

・主人公には"竜星涼"。その他、豪華キャストも決定!

主人公・ドラを「orange-オレンジ-」の竜星涼、顔に奇抜なメイクを施した快楽殺人者・アカを「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの須賀健太が演じるほか、回収屋の紅一点・キイヌに「桜姫」の日南響子が扮する。さらに、回収屋を取り仕切る謎の男・シマウマ役には「テラフォーマーズ」の加藤雅也。

メガホンをとるのは「探偵はBARにいる」シリーズの橋本一。脚本は「凶悪」で第37回日本アカデミー賞の優秀脚本賞を受賞した高橋泉が手がける。

R15+指定で、5月21日からヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開される。

『少女椿』

『少女椿』は、丸尾末広の同名漫画を原作とする実写化映画作品。エログロ、怪奇性といったテイストを押し出した丸尾末広の代表作の一つ

1 2 3





masarusanさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう