1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【アベノミクス】マイナス金利政策で「たんす預金詐欺」に要警戒!新手の詐欺の手口に気をつけよう

日本銀行によるマイナス金利政策の導入決定。一向によくならない景気を回復させようと試みるため、安倍政権が最後に取り出したサプライズカードだ。しかしこのマイナス金利政策以後、株価も国債利回りも大きく下がり、たんす預金を行う人が増える事が予想される。その結果、思わぬ詐欺の横行が懸念されている。

更新日: 2016年02月14日

shiro05さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
19 お気に入り 20701 view
お気に入り追加

マイナス金利導入によって、株価も国債利回りも下落中のニッポン経済…。

・日本銀行によるマイナス金利政策の導入決定。一向によくならない景気を回復させようと試みるため、安倍政権が最後に取り出したサプライズカードだ。しかしこのマイナス金利政策以後、株価も国債利回りも大きく下がってきている。

1月29日、日銀は新たな追加緩和策として「マイナス金利政策」の導入に踏み切った。日銀がこのタイミングで「マイナス金利政策」を導入するということは誰もが予想しえないことであった

・サプライズ効果を狙った日銀だったが・・・。

日本銀行は投資と消費を増やす次元から都市銀行にだぶついている預金を民間に回すためにマイナス金利を導入した。しかし日本銀行の予想は完全にはずれた。

・日本銀行が1月29日に導入したマイナス金利の影響はむしろ日本経済に大きなダメージを与えつつある。

・日本の株価はただいま大暴落中…

マイナス金利の導入で円安・株高への期待が高まったが、政策発表後の2日には早くも株価が下落に転じる

・その後も株価は下がり続け・・・。

2月12日終値で1万4952円と、発表直後の高値からわずか8営業日で3000円近くも下落。

・ちなみに為替の影響も含めて、株価押し下げ要因が重なってきている。

・さらに、国債の利回りも悲惨な状況に…

長期金利の指標となる10年国債の利回りは初めてマイナスになった。

・史上初めての事態。

主要7カ国(G7)の中で日本の10年物の金利が史上初めてマイナスになった

・いわゆる先進国の中では、唯一の事態。

日本経済が成長していれば資金需要はあるはずで、国債利回りが低下してもどこかで止まるはずです。
 それがマイナスにまで低下してしまったということは「どこを探しても資金需要も、収益がプラスになるような投資案件(ビジネス)もなく、日本経済は全く成長する見込みがないと市場も諦めている」ということです。

・日本経済の成長力も上がってきていない中で、国債利回りも下落の一途をたどっている。

この状況で、一説によれば「たんす預金」が増えると考えられている

・このマイナス金利政策以後、株価も国債利回りも大きく下がり、一部ではたんす預金を行う人が増える事が予想される。その結果、思わぬ詐欺の横行が懸念されている。

タンス預金とは、現金を金融機関に預けずに自宅に保管しておくことです。

・個人向けの預金商品の利息もマイナスになるのではないか…という考え方をしてしまう人達が、たんす預金を行う傾向を強めるのは想像に難くない。

マイナス金利について、世界経済を刺激するどころか基本的に人々にたんす預金の促すことで事態を悪化させている

マイナス金利をすでに施行しているスイスやスウェーデン、デンマークなどでもマイナス金利にともなう景気浮揚効果を証明する分析はない。一部では現金を家に保管する事例だけ増加している。

・すでにマイナス金利を導入している諸国では「たんす預金」の増加がみられる。

「たんす預金」の増加は、たんす預金を狙った詐欺の横行につながる

言葉だけを聞いて預金がマイナスになると思ってしまう人もいるとは思うのでそこを狙った詐欺が出てくるかもしれない

・個人向けの預金については、今のところ利息がマイナスになる事はないとされるが、利息がマイナスになり預金が目減りすると誤解している人も多くいる事は事実。

マイナス金利導入で本当に注意しなくてはいけないのは、高齢者を狙った『金融詐欺のビジネスチャンス到来』になるかもしれないということです。

・怖過ぎる。

警察関係者によると、全国の警察はマイナス金利が新たな特殊詐欺の材料になるとして、警戒を強めている。

・いわゆる「振り込め詐欺」に近い手口の詐欺が広まる事が懸念されている。

一連の詐欺ではこうしたタンス預金が狙われ、最近では高額の被害が相次いでいます。

詐欺の被害に遭わないために…怪しい投資話に警戒する、高額のお金を使う前に誰かに相談するなどの対策をとるべき

1 2





shiro05さん



  • 話題の動画をまとめよう