1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

空前の猫ブーム!でも「ネコノミクス」は素直に受け入れられない人も…

その経済効果からアベノミクスにちなんで「ネコノミクス」と呼ばれている空前のねこブーム。でもこのブームに便乗したマスコミのあおり方にはちょっと納得のいかない人も多いようです。

更新日: 2016年02月15日

potekoroさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
112 お気に入り 189868 view
お気に入り追加

ここのところの猫人気による高い経済効果が「ネコノミクス」と呼ばれている!

安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」に倣い、これら猫ブームが生み出す経済効果は「ネコノミクス」と呼ばれているんだとか。

関西大の宮本勝浩名誉教授(経済学)はこのほど、ペットの猫の飼育費や猫グッズの売り上げ、和歌山電鉄喜志川線・喜志駅の「たま駅長」ブームなどがもたらした2015年の経済波及効果「ネコノミクス」を2兆3162億円と試算した。

一般社団法人ペットフード協会によると、ペットの猫は約987万4千匹。犬は991万7千匹だが、年々その差は縮まっている。

ネコノミクスで経済効果が2.3兆って大したもんだ我が家にも招いておくれ pic.twitter.com/fkQ3qyAHjI

ネコノミクス 経済波及効果2兆円なんですって!ピコわかって見てるのかしらね(笑) pic.twitter.com/wIYq9rWUvt

日本を支えるネコノミクスかぁ~(^-^; ネコ男子とかが流行ってるみたいだし…(^-^; 確かに、ネコブームは到来してるかも(^-^; pic.twitter.com/45uIJHpQDP

すやすや。 どうやら猫ブームらしいですね♪ネコノミクスで経済効果2兆3千万とか。 確かに最近猫ちゃん飼ってる方増えたような(∩´∀`∩) #猫 #ネコノミスク #癒し系 #姫 #アメショー pic.twitter.com/gTGGPKZgWv

「たま駅長」から「ねこあつめ」、「ねこ関連本」など、話題や大ヒットになったものが多数!

たま効果で貴志川線は全国に知られるようになり、乗客数は17年度の192万人から26年度に227万人に増えた。

スマートフォン向けゲームの世界でも、猫の快進撃は止まらない。26年10月から提供されている「ねこあつめ」はダウンロード件数が1300万件を突破し、大ヒット中

いまなお夢中になっている人も多いのでは?

「人生はニャンとかなる!ー明日に幸福をまねく68の方法ー」は、90万部を超すベストセラー。

「女性自身」の編集部がつくりあげたネコ雑誌「ねこ自身」は、累計8万2000部を発行!

都内の姉川書店では、書籍の7割をネコ関連本に変更したところ、売り上げが3倍増。ネコ関連の本は、450点もあるという。

不況も相俟って経営は悪化。姉川書店の店長、姉川二三夫が娘に「普通の本が売れない」と相談したところ、猫本のコーナーを作ることを提案されたのが、にゃんこ堂の始まりだという。

1 2





potekoroさん

シンプルにわかりやすく、そして役に立つまとめを目指しています。
なるべく更新していきますので、気になる記事はお気に入り登録していただけると嬉しいです。



  • 話題の動画をまとめよう