1. まとめトップ

今日はミニ・スーパーチューズデー!『スーパーチューズデー』アメリカ大統領選挙、候補者選びのヤマ場

トランプ、クリントンといった候補者が凌ぎを削るアメリカの大統領選。候補者選びのヤマ場となるスーパーチューズデーとは。その歴史や意味合いについてまとめました。

更新日: 2016年03月16日

msakmtbさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 7877 view
お気に入り追加

◆3月15日 ミニ・スーパーチューズデー速報

CNN projects that Donald Trump will win the North Carolina Republican primary cnn.it/liveblog pic.twitter.com/0cOg50wzVn

トランプ候補は、フロリダ、イリノイ、ノースカロライナを制したが、勝者総取りのオハイオをケーシックにとられてたことで、最終的に過半数が確保できない可能性が出てきた。

CNN projects John Kasich will win the Ohio primary #SuperTuesday #PrimaryDay cnn.it/liveblog pic.twitter.com/UqPPftqqwZ

ジョン・ケーシックが地元のオハイオ州で勝利し、主流派唯一の生き残り候補となった。

#Breaking: Marco Rubio drops out of the 2016 presidential race #PrimaryDay cnn.it/liveblog pic.twitter.com/eSa7UhTpFD

地元フロリダで敗れたルビオ候補は選挙戦からの撤退を表明した。

CNN projects Hillary Clinton and Donald Trump will win Florida #PrimaryDay cnn.it/1LpqnKO pic.twitter.com/fceLDKfvOG

ヒラリー・クリントン候補はフロリダ、オハイオに加え、イリノイ、ノースカロライナを制した。

◆3月1日速報

出口調査によりますと、共和党では、投票した人の約8割がワシントンの政治に否定的な考えを持っていると答えています。また、トランプ氏に投票した人の9割は政治経験のない候補者を求めていて、トランプ氏は既存の政治に不満を持つ人たちの支持を集めたことがわかります。 #スーパーチューズデー

出口調査によりますと、民主党ではクリントン氏が女性、黒人、高齢者から強い支持を得ました。特にアラバマ州やジョージア州など黒人が多い6つの州では、黒人有権者の少なくとも80%が支持。サンダース氏は30歳未満の支持者からはクリントン氏を上回る支持を得ました。 #スーパーチューズデー

◆スーパーチューズデー Super Tuesday とは

米国大統領選挙の年に、候補者指名争いのため、予備選挙や党員集会が多くの州で一斉に行われる2月または3月初旬の火曜日。

1988年3月8日の火曜日に南部の11州がまとまり、初めて大規模な予備選挙・党員集会が行われたことに由来する。結果次第では早期に投票が行われた予備選挙の影響力が低下し、序盤で低迷していた候補が逆転する可能性も出てくると言われる。

◆なぜ火曜日なの?

その昔、地方に住む農民の人々は、投票所までの長い道のりを馬車などで旅していたそうです。丸一日かかる場合もあったそうで、例えば月曜日に投票があった場合、日曜日には出発しなくてはなりませんでした。

ところが、日曜日といえばキリスト教徒は礼拝があります。これを休むワケにはいきません。そこで、できるだけ週の初めで、さらに日曜日のミサも欠席しないで済む日となると、該当するのが火曜日。現在の投票日もその時代の名残りで、火曜日のままなのでした。

◆2016年は3月1日

アラバマ、マサチューセッツ、テキサスなど11州、共和党は12州。うち7州が南部のため、大学リーグの名を取って、SEC(Southeastern Conference)プライマリとも呼ばれている。

◆傾向は

スーパーチューズデーに予備選や党員集会が行われるのは「バイブルベルト」と呼ばれる南部の諸州で、こうした州の有権者は全米で最も保守的で信仰が厚いと考えられている。

とくに民主党で重視されるsuperdelegates(スーパー代議員)。党大会まで自由に意見を変えられるので、勝ちそうな候補に途中で乗り換える人はけっこういる。2008年のオバマvsヒラリー戦がそうだった。結果的に民意は反映する>cakes.mu/posts/12226

◆今年の候補者たち 民主党

1034人が選出され、この日で4765人の全代議員の26%が決まる。

出典日本経済新聞 2016年2月29日 6面

ネバダ州を終えて、各メディアはヒラリー氏が27日のサウスカロライナ、3月1日のスーパーチューズデーでの戦いで勝利する確率はかなり高いと見ている。

大学生が多く、左傾のリベラルが多いマサチューセッツ州だ。先日サンダースが圧勝したニューハンプシャーに隣接しており、以前からサンダースの知名度は高い。世論調査でも現時点はヒラリーと五分五分だ。
だから、スーパー・チューズデーでハラハラどきどきの接戦を楽しもうと思ったら、マサチューセッツに注目しよう。中西部のミネソタ州も、サンダースが力を入れている場所なので接戦が予想される。

本命候補も、私的メールの使用で窮地に。

1 2





msakmtbさん



  • 話題の動画をまとめよう