1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

マツコも指摘...「体育会系学生」は仕事ができるとは限らない?

「体育会学生」が就職活動に強いと言われていますが、今、この神話が崩れているをご存知でしょうか?

更新日: 2016年02月14日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
82 お気に入り 126319 view
お気に入り追加

そろそろ、「就職活動」が本格的になってきた?

就活始まるので2月下旬くらいから就活終わるまで鍵垢にします これからもよろしくお願いします

昔からよく言われる「体育会学生」が就職活動に強い

アメリカのビジネス界では、軍隊経験者や大学スポーツ選手OBが重要なポジションに就いていることが珍しくありません

中小企業が欲しい人材を探すときに、まず検索するのが「体育会系の部活に所属しているかどうか」だからだという

体育会では先輩の指示に“素直”に動くのが当たり前。そういう意味でも、体育会出身の学生は魅力的

体育会系が有利というよりも、不利にはたらく要素があまりないという方が正しい表現になるかと思います

▼なぜ、「体育会学生」は就職活動に強いのか?

体力が評価される

仕事で辛いことがあっても「あの練習にくらべれば屁でもない!」と思えてしまうようです

メンタルが評価される

「努力ができる」、「苦難を乗り越えられる」といったイメージを持たれることが多いと思います

コミュニケーション力が評価される

コミュニケーション能力も高く、企業に入社してもすぐに環境になれるというイメージを持たれやすい

上下関係をわきまえ、たとえ本心では嫌だと思う命令でも従う忍耐力を持っている。確かにこういう人材は会社にとって使いやすいだろう

しかし、この神話が崩れそうになっている

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう