1. まとめトップ
  2. 雑学

うっかりパクってるかも…レシピの転載が奥深すぎ。。

知らなかった…

更新日: 2016年02月22日

zawawa23さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
64 お気に入り 93678 view
お気に入り追加

最近増えている料理レシピの無断転載

ネットの普及で、ますます扱いが難しくなっている「著作権」。

料理の材料や調理法を書いた料理研究家らのレシピが、インターネット上のブログなどに無断で転載されるケースが増えています。

はあ・・・・ネット上の記事や画像だけでなくレシピも無断転載されてるのか(;゜∀゜)

実はレシピの著作権ってかなり複雑。。

原則として、人が発表したものにはすべて著作権が発生します。しかし、実は「料理レシピ」の著作権はとても複雑なんです。

もちろん、料理の作り方などの記述を丸々コピペする行為や、料理の写真を無断利用するのは著作権法違反ですが、レシピ自体には著作権はありません。

たとえば豚のしょうが焼きのレシピを書くとして、10人が10人とも内容の全く違うレシピを思いつくでしょうか。少なくとも一部分は他の人のレシピと似通ってしまうはずですよね。

料理のアイデア自体には適用されず、文章で表現したとしても「○分煮る」「焦がさないよう焼く」などの一般的な説明文は、創作性が認められません。

箇条書きなどの簡単な説明のみの場合、誰が書いても同じ表現になる可能性が高く、著作権保護されないらしい

著作物に該当するためには、「創作的に表現されたもの」である必要があり、誰が書いてもほとんど同じになるものについては保護されていないからです。

料理のレシピに著作権は認められないらしい。 料理研究で食ってる人は怒るだろうけど、私はあたりまえじゃないかと思う。 その料理が、その研究家オリジナルだなんて保証、本当にどこにもない。 北海道で有名な料理研究家H先生の『オリジナル料理』は、祖母が80年前から作ってた料理だ。

こんなことも著作権に影響してた…!

レシピはなぜ著作権を主張できないか、それは「まったく同じ味にできないから」です。

著作権を主張できるのは「用法容量をまったく同じにすれば、オリジナルとまったく同じものができる」物です。

レシピを参考にしても、全く同じ味を再現できる保証はない訳で、そこは料理人の腕次第です。

ただしこんな場合は要注意!!

レシピが書いてある文章やイラストは著作権があり、独自の調理法は特許権の対象となるんです。

レシピ付きのイラストや写真には著作権が発生!

弁護士は「ネット上の画像は簡単にコピーできるので、意図せず法律を犯してしまいがちだ」と注意を呼び掛けています。

なぜなら「アイディアには著作権は発生しない」からなんですね〜〜ただしレシピ本などレシピを記した著作物や写真、秘伝の◯◯など一般的な範疇から外れる特殊なものなどには著作権はあるよ

のせる場合はモラルを守ることが重要

最近めっちゃ汁なし担担麺が食べたくなるので今度これを作ってみようと思うぞ!一応言っておくとよっぽど辛いもの好きでない限り1辛じゃないとしんどい辛さだぞ!(お店で配布しているレシピ、無断転載可ということなので載せてみた) pic.twitter.com/QGlpa28k0S

まずは転載可能かどうか必ず確認!

また、レシピ投稿者向けのガイドラインにおいても「『そのまま紹介したい』場合は、ご本人の許可を得る」と書かれている。

判断がつかない場合も本人に必ず確認を。

料理のレシピは著作権が無い。料理本はあり。料理教室で出されたものを公開制限したい気持ちは分からなくないけど、それはやっちゃダメだと思う。

線引きが難しい問題だけど、不快な思いをしないように、モラルを守ることがかなり大事そう◎

1





zawawa23さん

気になったことをまとめて行きます。どうぞよろしくお願いします♪

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう