1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ついにグラミー賞を受賞!小澤征爾氏は日本が世界に誇る偉人だった

アメリカの音楽界で最も権威があるとされるグラミー賞。その59回目となる授賞式が現地時間15日午後からロサンゼルスで始まり、日本人指揮者の小澤征爾氏が指揮した歌劇「こどもと魔法」を収録したアルバムが最優秀オペラ録音賞を受賞しました。小澤氏は計8回のノミネートにして初受賞となります。

更新日: 2016年02月17日

40 お気に入り 49623 view
お気に入り追加

小澤征爾氏がグラミー賞を受賞!8度目にして初の栄冠に輝く

小澤氏は今回も含めてグラミー賞に8回もノミネートされており、初ノミネートから数十年の期間を経てついにその栄冠に輝くことになりました。

受賞作品は2013年8月に長野県松本市で開かれた音楽祭「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」で指揮したラベル作曲のオペラ「子どもと魔法」を収めたアルバムです。


ちなみに、これまでの日本人受賞者には、デザイナーの石岡瑛子さん、坂本龍一さん、シンセサイザー奏者の喜多郎さん、「B’z」のギタリストの松本孝弘さん、クラシックピアニストの内田光子さん…など芸術界の巨人達が名を連ねています。

小澤征爾さんが指揮したオペラ「子どもと魔法」を収録したアルバムが最優秀オペラ録音賞を受賞しました

日本人のグラミー賞受賞は、2014年第56回グラミー賞でベスト・ラテン・ポップ・アルバム賞を受賞したSadaharu Yagi氏に続き9人目となる。

最優秀劇場ミュージカルアルバム賞にノミネートされていた俳優の渡辺謙さん(56)主演の「王様と私」は受賞を逃した。

残念ながら日本人のW受賞はならなかった

ツイッター上には祝福の声が溢れている

小澤征爾さん、グラミー賞授賞✨✨✨✨✨ おめでとうございます。 朝から素敵なニュース

小澤征爾さん、グラミー賞おめでとうございます 昨日、渡辺謙さんの「王様と私」がノミネートされてるニュースをみて、松平健さんと勘違いして大騒ぎしてました こまり、松平健さん主演の「王様と私」で松平健さんの娘役してたんだよ(じまん)

小澤征爾さんが指揮したラヴェルのオペラ「子供と魔法」がグラミー賞を受賞したそうな。おめでとうございます。

小澤氏と縁の深いボストン交響楽団もこの快挙を祝福

Congratulations to @bostonsymphony Director Laureate Seiji Ozawa who has won a Grammy with the Saito Kinen Orchestra!

アメリカのボストン交響楽団は、公式ツイッターで「おめでとうございます!」とお祝いのコメント

ホームページでも、小澤さんのプロフィールを紹介し「クラシック音楽界で、世界有数の偉大な人物だ」として、これまでの業績をたたえています

受賞作は歌劇「こどもと魔法」のアルバムである

ラヴェル:歌劇《こどもと魔法》全曲(台本:コレット)
1. 序奏-「宿題なんかやりたくない」
2.「安楽椅子様、お手を」
3. 「ディン、ディン、ディン、ディン」
4. 「ご機嫌いかが?」
5. 「お下がり!」
6. 「アーッ!あの娘だ!あの娘だ!」
7. 「2本の蛇口からひとつの桶に水が流れる」
8. 猫のニャンニャン二重唱
9. 昆虫、雨蛙、ひき蛙の大合唱
10. 「ああ!お庭さんにまた会えて、うれしいよ!」- 「君はどこにいるのかい?」
11. 「逃げなさい、お馬鹿さん!籠は?籠はどこ?」
12. 「彼は傷の手当をした・・・」

過去多数のグラミー賞ノミネートを重ねてきた小澤征爾は、8度目のノミネートにして今回初めてグラミー賞を受賞することとなった

受賞作は、小澤氏にとって4年ぶりの新録音アルバム「Ravel: L’Enfant Et Les Sortileges; Sheherazade (ラヴェル:「こどもと魔法」)」

同アルバムは2013年8月に長野県松本市で行われたサイトウ・キネン・フェスティバルの公演を収録したもの。

この作品はあらゆる意味において記念すべきものであった

小澤さんは病気療養のため、2012年3月から公演活動を休止していたが、この公演で約50分にわたるオペラを指揮。約1年半ぶりの本格的な活動再開となった

子供が主人公のファンタジーで、ラヴェルの色彩豊かなスコアをサイトウ・キネン・オーケストラが見事に再現

過去のノミネート作品がすべて海外録音作品だったのに対し、今回受賞した作品は初の日本録音作品

「仲間たちとこの喜びを分かち合いたいです」

1 2





スポーツネタやガジェット、映画などが好きです。スポーツはメジャースポーツから地域限定のマイナースポーツまで何でも観ます。これはと思ったニュースや映画を紹介していきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう