1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

おそロシア…ロシアで反ドーピング機関の幹部が相次ぎ死亡している

ロシアでドーピング検査などを行う機関の関係者2人が、今月に入り相次いで死亡したことが分かりました。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年02月16日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
25 お気に入り 98346 view
お気に入り追加

○ロシア反ドーピング機関の元幹部相次ぎ死亡

ロシアの反ドーピング機関(RUSADA)は15日までに、元最高幹部のニキータ・カマエフ氏が死亡たと発表した。

ドーピング検査などを行う機関の関係者2人が、今月に入り相次いで死亡したことが分かりました。

今月初めにも別の元幹部が急死したばかりで、ロシアでは「偶然なのか」との受け止めがひろがっている。

○スキー中に心臓発作で死亡

突然、体調不良を訴えたということで、一部のメディアは死因は心臓発作だと伝えています。

ロシアの反ドーピング委員会の組織委員長が亡くなったんだ…ちょっとこわい

○心臓に問題はなかったという

カマエフ氏の知人は、ロシアメディアに対して「心臓の不調を訴えていたとは聞いたことがない」と話しています。

同時に辞任した事務局長は「スキーをした後に心臓の痛みを訴えた。心臓に問題があるとは聞いたことがなかった」と語った。

○組織のトップを務めた関係者2人が相次いで死亡

この機関を巡っては、2010年までの2年間、組織のトップを務めたビャチェスラフ・シネフ氏も今月3日に死亡していて、関係者2人が相次いで死亡したことになります。

死因は公表されていないが、地元メディアは、心臓発作によるものだと報じていた。

○このニュースについてネットでも話題になっている

ロシアで反ドーピング機構の幹部が相次いで死亡とか怖すぎるん…

ロシア反ドーピング機関関係者、相次ぎ死亡! いかにもロシアなしいな!

ロシアの反ドーピング機関の関係者が相次いで死亡って、記事の内容読む前に見出し怖すぎな おそロシアですね…

ロシアのドーピング関係が怪死してて本当に偶然なのかみたいなニュースあったけど、少し前にインドとかで入試関係でやっぱり関係者たちがバタバタ急死しているって話無かったかな?と

○暗殺されたという声も出ている

反ドーピング関係者が相次いで死んだのか まあ、ロシアならありえるね 恐らく政府に暗殺されたんだろう

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう