1. まとめトップ

【闇考察】おそ松さん19話で6つ子の自意識の闇が浮き彫りになる…【自意識ライジング回まとめ】

おそ松さん19話でおそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、トド松の自意識がそれぞれ可視化される。Twitterでは6つ子の自意識に関して深い闇考察まとめ…

更新日: 2016年02月25日

82 お気に入り 131490 view
お気に入り追加

19話で可視化された6つ子の自意識にはそれぞれの特徴が表れている

【六つ子の自意識】 おそ松 :小さい汚い扱いやすい カラ松:透き通った水晶 片手サイズ チョロ松:自意識ライジング 一松:濁り傷痕有り 両手サイズ 十四松:宇宙空間 人1人入れるサイズ トド松:ミラーボール キラキラ pic.twitter.com/MUmCDs0VJz

六つ子達の自意識は可視化かつ物体化できるものであり、かつその外見は実際の大きさ、自己愛等が反映される。 一握りで歪だがそれを是とするおそ松、平均的な大きさだが曇りのないカラ松、全員に見える高さで周囲に悪影響を及ぼすほど光を放ち肥大するチョロ松、カラ松より少し大きく傷のついた一松。

「兄弟の中で最も小さく扱いやすく薄汚れた」おそ松の自意識

→自意識を抑え悟りを開いている?

#osomatsusan おそ松兄さんの自意識きったなwwwwwww 梅干しかよwwwwwwww この段階までいくとある意味最強wwwwwwww pic.twitter.com/b8aT1vsA2C

おそ松くん時代は皆同じように綺麗な自意識だったんだろうなぁ…それがそれぞれの形に変わっていったんだとして、兄さんの自意識が手で握りつぶしたような歪さと小ささでいつでも飲み込めちゃうサイズにまでなったって、この子どれだけ自意識を抑えてきてたのって思うわけでね…

おそ松の自意識、もともとは大きかった自意識を自分で「ぎゅっぎゅっ」と握って小さくしたんじゃね?と思えるような汚れ方だな

おそ松兄さんの自意識、「見た目はヒドイけど扱いやすい」て評価、あまりにダーリン過ぎないっていうか、あまりに、あまりに、あまりに、大人じゃない………………???なにこの人…………ほんとになにこのひと…………今までクソ政権やってきた人がこの自意識………………

「透き通った水晶玉」カラ松の自意識

→自己愛が強く澄んでいるが、中身は空っぽ?

カラ松の自意識は「Free Hugs」って意思表示は出来るのに、自分の空っぽな自意識はずっと手放せなくて、結果次男は抱きしめられることを待つだけで、自分からは抱きしめることしか出来ないんだ 片手はささやかな意思表示、片手は壊れやすい自意識をしまうこともなく晒すだけ

カラ松はナルシシズムに溢れ、何かしらの魅力に溢れる自分が好きである。鮮やかで自己愛はあり、ほんのり光がある。けれどその自意識は向こう側が透けて見えるほど透明で、自分自身から、誰かから愛されるためにはその『自分』に執着などなく、そして何一つ歪みも凹凸もない、作り物のような意識。

カラ松の自意識が透けて水晶みたいで全てを曝け出してるとすればおそ松兄さんのは透けてないから色々出せない感情も沢山あるんだろうけど、ソレを掌で握りしめて人間国宝、カリレジェて笑う姿は人生の酸いも甘いも全て味わったオッサンの姿でしかない…!

「周囲に悪影響を及ぼす、高すぎて扱えていない」チョロ松の自意識

→認められたい願望が強く極端に意識が高い?

真面目に生きようと目標立てるのは良いけど自意識高すぎて目標が極端になってしまい結果自滅してダンボールでアイテム作るくらい狂ってしまう三男の精神が脆すぎて怖すぎだと思った…あと自意識高いくせに安全な橋しか渡らなくて結果狂ってしまうの、あれだね、山月記みたいだね!

昔はおそ松と悪童コンビだった→おそ松だけが認められていく→僕も認められたい→常識人になれば認めてもらえる→努力する→自称常識人になる→なのに兄弟におかしいと言われる→何をやればいいのかわからない→それでも認められたい→自意識ライジング みたいな流れだったらチョロ松の闇は相当深い

あー、チョロ松は周りに影響を与えるタイプの地雷なんだよなー。13話でチョロちゃんが責められたところから始まったのに、結果的にチョロ松には無害で一松の闇キャラとトドのぶりっこキャラが殺されたの、やっぱその辺かな。自分の言動を本心から疑ってないからこそ当人が不幸になることはない

「傷痕があり濁っていて自分自身で埋めてしまう」一松の自意識

→傷ついており他者を強く意識し隠したがる?

一松は少しも光を発さず、彩度は低く、三本の傷がある。自己愛も執着もないけれど、両手で抱える程度の大きさの自意識は若干歪ながらも球体をしている。自意識の大きさ、他者からの観測願望、「褒められたい」という承認欲求。それを持っているのも見るのも嫌で、一松は見られないよう埋めてしまう。

一松は自意識がわりと大きい、つまり見られてる意識が強くて他人にどう思われてるか気にする。で、評価されることによって傷つくのが嫌だから見られたくないし、かといって飾るつもりもないので埋めて隠す。見られても気にしないおそ兄路線か、気にするので飾るトッティ路線を取れてたらもっと楽なのに

自意識個人的考察 手元にあるおそ、カラ、トド→自分を理解している 遠くにあるチョロ→自分を理解してない、自分に夢を見ている 隠す一松→本当の自分を隠している、他人に見せたくない、自分でも見たくない 宇宙に飛んでった十四松→自分が何なのかわからない、まず自意識の意味がわからない

「シャボン玉のようで、誰にも届かない」十四松の自意識

→誰にも、自分自身にも届かず理解できていない?

十四松の自意識がシャボン玉で表されてたけど、これって十四松の自意識は壊れやすいってことだよね… 闇深い… pic.twitter.com/T9nt0nGr32

1 2





つゆだく5さん

おそ松さんにハマった成人済女。
アニメ/漫画/映画/お店探し/お得情報/芸能ニュース
アニメキャラについてのまとめはキャラだけでなく作品自体も素敵なものばかりなのでおすすめです!



  • 話題の動画をまとめよう