1. まとめトップ
  2. 雑学

コイントスが米国大統領選を左右する!?日米の「決め方」

先攻後攻などを決める際、コイントスやじゃんけん、くじ引きなどの方法があるが、米国ではスポーツに限らず、大統領選討論会などでもコイントスが使われる。一方、日本ではジャンケンが広く使われているが、競技によっては独自の「決め方」があったりする。

更新日: 2016年06月25日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
19 お気に入り 13643 view
お気に入り追加

■米国大統領選を左右するテレビ討論 先攻を決めるのはコイントス

アメリカの大統領選では、討論会はテレビ、インターネットでの生中継を大勢のアメリカ国民が見て、どちらがより大統領にふさわしいか判断する、米国の大統領選の結果を左右する、天王山である。

討論会では質問によって最初に答えるか後に答えるかで有利であったり不利であったりします。そこで公平を期するため、候補者はコイントスで最初の質問の順序を決め。

アイオワ州の民主党党員集会で、クリントン前国務長官とサンダース上院議員が大接戦となったため、一部の会場で勝敗を決めるためにコイントスが行われた。

■米国はコイントス好き なんでもコイントスしたがる

試合開始前に、両チームのキャプテンがコイントスを行ない、勝ったほうがレシーブ(先攻)、キックオフ(後攻)、もしくはどちらのサイド(陣地)を守るのかを決定します。

アメフトの先攻後攻もコイントス

アメリカの陸連と五輪組織委員会は「コイントスで決めるか、もう一回決定戦を走るか、好きなほうにしてくれ」と提案。

オリンピック代表選手もコイントスで決めようとする(実際には決定戦になった)

前年のNBA最低成績だったブルズとジャズがドラフトの一位指名権をかけてコイントスを行うことになったが、ジャズの指名権はレイカーズにトレードされており、コイントスに勝ったレイカーズがマジック・ジョンソンを指名。

以前はドラフトにもコイントスが活用されていた

■世界的スポーツのサッカーもコイントス ただしコインは自由

サッカーの場合、コインの裏と表、どちらかを選択した上で主審がコインを投げ、コイントスに勝った方のチームが前半に攻めるゴールを決め、もう片方のチームのキックオフで試合が開始される。

コイントスで使用されるコインについてだが、重さや外周の長さ、空気圧等細かい規定が設けられているボールとは違って、表と裏が明確に判別できるものであれば、特に規定はない。

どういったコインを使うかはレフリーによってさまざま。スポーツメーカーが製造・販売しているコインもあるが、思い入れのある外国のコインや記念コインを使っているレフリーが少なくないようだ。

■コイントスも本当は50%の確率ではないらしいが…

コイントス前に上を向いている面は、51パーセントの確率でコイントス後も上を向くというもの。これを発表したのはペルシ・ディアコニス氏をはじめとする研究チーム。

機械のように精密な動きができない人間の手ですると、コインが1本の回転軸ではなく、複数の回転軸をもって回転し、コイントス前に上を向いている面をコイントス後も上にさせているという。

カナダ・ブリティッシュコロンビア大学(University of British Columbia)の研究チームは、最小限のトレーニングでコイントスの結果を左右できることを実証した。

決まった面を出す秘訣は、投げる高さ、スピード、コインの回転数、コインをキャッチする方法にあるという。

■日本人はジャンケンが好き

Q 先攻・後攻の決め方について教えてください
A 審判委員立会いのもと、両校主将のジャンケンで決定されます。

高校野球の場合

試合開始のサービス権は「じゃんけん」で決める(世界大会の場合はトスコインを使用する)。

卓球におけるジャンケンは日本独自のルール

矢振りにて先攻・後攻を決定いたします。主将同士でじゃんけんしてもらい、矢を取る順 番を決めます。

弓道の場合「矢振り」というもので先後を決めるが、その順番をジャンケンで決める

■それぞれの競技に応じた決め方も

【振り駒】
将棋で、先手を決めるために三枚あるいは五枚の歩(ふ)を盤上に投げること。歩が多ければ振った者が、と金が多ければ相手が先手。

将棋の場合

1 2





aku1215さん

記憶の中でずっと生きてゆける



  • 話題の動画をまとめよう