1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

マジ?視力が回復する「コンタクト」があるらしい!

視力を回復するために付ける「コンタクトレンズ」があるそうです。『1.5』まで視力が回復することもあるらしいですよ!

更新日: 2016年02月19日

DODORIAさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1230 お気に入り 156248 view
お気に入り追加

昼には使わない?「夜用」コンタクト

見た目は普通のコンタクトレンズと変わらないようですが…。

コンタクトレンズ『ブレスオーコレクト』、通称『ナイトレンズ』

就寝時につければ、睡眠中に角膜の形状がわずかに平らに矯正される

近視の場合、網膜の手前になってしまう焦点位置を後ろに補正する

朝起きたら、目が見えるようになってる!

Photo by Digital Vision / DigitalVision

なんか夢の様な技術ですね!!

「オルソケラトロジー治療」と言い、全国220箇所の病院が導入している

保険適用外の自由診療扱いで、料金は3年間で15万円ほど。

角膜の形状変化は一時的なので、ほぼ毎晩コンタクトをつける必要があるものの、日中は裸眼で過ごせる

だんだん夜になると視力は元に戻りますが、また寝るときに付ければ回復する。

裸眼の状態で両目が"0.3~0.4"だったのを1カ月試したところ、一気に両目の視力が"1.5"になった

これはすごい!!

ナイトレンズいいよね あれやって裸眼で生活したい

目をカメラのレンズにする「穴あき」コンタクト

黒目を大きくするコンタクトっぽいですが、なんか穴が開いてる?

「原理」は意外とシンプル

小さい穴で光を一点に集める。

ごく小さな穴(ピンホール)を通して見ると、近くも遠くもよく見えるという古くから知られている原理を利用

視力の悪い人が、小さな穴をのぞくとよく見えるようになるってやつですね。

ピンホールコンタクトレンズを使うことで1.0程度の視力と同程度見えるようになる

視力0.2以下でも0.7以上に矯正出来ることが確認された。

左右不同視や「老眼 + 近視 + 乱視」のような組合せにもワンデザインで矯正する事ができる

度数を持っていないので、1種類で幅広い視力の矯正ができる。

近視のみならず、乱視、老眼などあらゆる屈折障害に対する改善効果が期待されている

現在、実用化に向けて実験をしているそうです。

将来、メガネやコンタクトはファッションになって、視力で悩む人がいなくなるといいですね!

オルソケラトロジーか、ピンホールコンタクトレンズ。将来どっちか良さそうなほうのお世話になって、視力回復したい。

1





DODORIAさん

なんとなく始めてみました。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう