1. まとめトップ
  2. 雑学

学校で習った… 声に出したらダメな英語の読み方

それ、英語だから…。

更新日: 2016年02月19日

loadtypeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
169 お気に入り 250242 view
お気に入り追加

子どものころ、ローマ字にすると英語になると思ってた・・・!?

小学校の時に貰ったメッセージカード出てきたけどローマ字微笑ましすぎるでしょ pic.twitter.com/p6ajwniHY5

小学校のときクリスマスローマ字で書いててめっちゃワロタ pic.twitter.com/G7RLhbMaxH

微笑ましい。

ローマ字によって母音は、A = あ、I = い、U = う、E = え、O = おの5つだけという誤った刷り込みがなされてしまう

子ども心にこれが、英語かぁと思ってしまうし、めっちゃ使いこなせるようになる。

ローマ字で『TAKE(竹)』をうっかり『take(テイク)』って読みそうになっちゃった(笑)

うっかりね。

小学校の英語の時間に自分の名前をローマ字で書こう。っていうのがあって、しっかり間違いなく書いたのにその時の英語の先生みたいな人に「名前違うよ」って言われたのは覚えてる

そして、中学で混乱してしまうんや…

ローマ字読みしか慣れていなくて 中学生の時に英語の授業で思っていたこと こう思っていたの俺だけじゃないはず pic.twitter.com/miUqXwZcLe

同意しかない。

ちなみに小学校の時から練習していたローマ字の筆記体は完璧です(自慢) pic.twitter.com/E4UdiYx0kL

なんか目的がよくわからないことにw

日本語の母音は、アイウエオの5個。それに対して、英語の母音は、26個もある

諸説あるみたいですが、混乱しますよね…。先生に発音が違うと怒られました。

bag =バッグ、hit = ヒットというような、カタカナ英語があっという間に染みついてしまう

school,type,street,littleなどといった、スペルは簡単なのにローマ字読みを適応できない単語の発音にはつまずいてしまう

ttってなんで2回繰り返すんだ…hってなんでそこにいる…。

しゃけシェイクはしゃけをローマ字で書くとシェイクシェイクと読めることが中学3年間で一番の発見かな

祝日も佳境に入ったようなんですけど オールローマ字の気持ち悪いラブレター を送って玉砕した中学1年生時のピュア でキュートなお話しましたっけ?

英語で書く→オシャレ→ローマ字(こうして、雰囲気を楽しむ)

いまだに英語をローマ字読みしてしまうんや…

シャイン&シャインだけどさ。分かってるけどさ。つい、シネ&シネ!ってローマ字読みしてしまう pic.twitter.com/laraTntcQz

まず思い浮かべるのが、ローマ字読み。

何処のどなたによる修正か分かりませんが、小学校で習うローマ字表記に基づくと【ツヅキ】は確かにそうですな(笑) pic.twitter.com/hHydVJiU7q

修正前は「ZU」と書いてありました…。

英語よりも先にローマ字を習った人ならば、RADIOという文字を見て「レイディオ」という発音は絶対に思いつかない

「ra」という発音は、日本語の「ラ」とは違う。

「work」のつづりを「ウォーク」と唱えながら暗記する。そのため発音も「ウォーク」になっている(本当は「ウァーク」が近い)

反対に「walk」のつづりを「ウァーク」と言いながら覚えるため、発音も「ウァーク」になってしまう。「work」と「walk」が逆さま

英語を話す人がウァークと言ったら、多くの人は「歩く」だなと思うはず。

中学の時ネトゲやってる時に『ローマ字でヒって言うと、よくわかんないけど外人たちもヒって言う。英語で話しかけてきたりする。外人は"ヒ"が好きみたい』って会話してたんだけど、最近やっとあの時の『ヒ!!』の意味がわかった。

Hi!!

英語は小学校のローマ字の授業に出られなかったので中学でローマ字と英語の同時進行。当然混乱。結果英語読みとローマ字読みを混ぜて読むようになりました。勿論授業ついていけず(笑)

ローマ字表記だと、外国人にも理解されにくいんだ…

人名や社名、商品名を外国人が正しく読めない原因になることも。

英語が母国語の人には、「英語」を表記するのに、アルファベットを使っての綴が2種類あることは、かなりの衝撃だった

過労死は他の国にはない文化なので、英語で過労死はKaroshiとローマ字で表記され、辞書にも載っています

Karoshiだけは、Karoshiだと認められました…。

いまだに小学校で習うローマ字ですが

1 2





loadtypeさん



  • 話題の動画をまとめよう