1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

前田敦子も大興奮!マッドマックスが盛り上がってる件

前田敦子も大興奮の"「マッドマックス 怒りのデスロード」。2015年のベストに上げる人が多い映画です。あまりの人気にリバイバル上映中。アカデミー賞でも10部門ノミネートされています。

更新日: 2016年02月18日

happystar12さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
27 お気に入り 58186 view
お気に入り追加

「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」

優れたブルーレイ作品を表彰する第8回『DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞』授賞式が2月17日に開催

その年度に発売されたブルーレイソフトの中で、ブルーレイディスクの特徴を最も生かした作品を表彰するもの。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に前田敦子も大興奮!

同賞でグランプリを受賞した『マッドマックス 怒りのデス・ロード』について「こういう作品にこんなに興奮したのは初めて」と魅力を語った。

「この作品は本当に映画監督たちからお勧めしていただいて、そのとき一緒に観に行った監督も“もう4回目だ”とおっしゃっていました」

「映像や音楽、そして個性的なキャラクターしか出てこないし、シンプルなんですけど感動するし興奮するし、これは何度見ても楽しめる作品だと思います」と大絶賛。

無類の映画好きでも知られる彼女

ある映画専門誌上での2015年のベスト1として本作を選出しており、「AKB48」出身の若き女優の意外な選択は大きな話題となった。

女優として多数の映画やドラマで活躍中の前田はプライベートでも無類の映画好きという。

仕事の合間に映画館へ足を運び、休日にはDVDを何本も連続で鑑賞するほどの映画好きを公言する前田。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』とは?

カンヌ国際映画祭でワールドプレミア上映されて以来、全米、ヨーロッパ、豪州、日本、全世界で熱狂的な盛り上がりを見せた『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。

同作はメル・ギブソン主演で1979年に製作されたカルト的人気を誇るアクション映画シリーズの30年ぶりとなる新作。

核戦争後の荒廃した未来が舞台のノンストップアクション

核戦争後の荒廃した未来が舞台で、トム・ハーディが2代目マックスを演じる。

全編ノンストップのカーチェイスが展開するアクション大作でありながら、公開されると、その完成度の高さを観客だけでなく批評家たちも大絶賛

世界中で『マッドマックス』フィーバーが巻き起こり、世界興収3億7000万ドル超という数字を叩きだした。

第88回アカデミー賞では作品賞、監督賞など主要10部門にノミネート

今年のアカデミー賞は『マッドマックス怒りのデスロード』が何部門獲るかだけに注目してる。スルーしやがったらアカデミー賞とかもう信用しねぇ。

マッドマックス、アカデミー 作品賞獲れるといいな。

1 2





happystar12さん

私のまとめ記事を読んでいただいてありがとうございます。

今年の目標は一人焼き肉です。

https://twitter.com/happystar012

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう