1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

真央ちゃん超える女子高生・宮原知子が四大陸選手権で優勝!

浅田真央(あさだ まお)を継ぐ女子フィギュアスケートのリーダーに名乗りを挙げた宮原知子(みやはら さとこ)。弱冠17歳の女子高生、小柄な体格でも情熱的な演技で世界を魅了。四大陸選手権で優勝を果たした宮原知子さんってどんな人?調べてみたら…凄い(ゴクリ)。

更新日: 2016年04月24日

nyokikeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
39 お気に入り 90832 view
お気に入り追加

▼四大陸選手権のフリーをノーミスで初タイトルを獲得した宮原知子

女子フリーが行われ、宮原知子(17=関大高)が自身初優勝を飾った。昨年までは2年連続で2位だった。「最後まで緊張したけど、大きな失敗がなくて良かった」と笑顔で振り返った。

宮原は、フリーでも安定した演技を見せ、ともに自己ベストとなるフリー142・43点、合計214・91点でトップを守った。日本勢としては、14年の浅田真央以来2年ぶり、通算10度目の頂点に立った。

#figureskate 四大陸選手権女子シングル、優勝・宮原知子ちゃん、2位・長洲未来ちゃん、3位・本郷理華ちゃん、おめでとうございます。

宮原知子ちゃん四大陸優勝✨ 流石の安定感にたまらぬ嬉しさ!これは世界選手権も期待せざるを得ない。謙虚さをいつまでも忘れないようなコメントが可愛らしいよ〜。自己ベスト更新も本当におめです本郷理華ちゃんも3位入賞おめでとです。村上佳菜子ちゃんも突然の出場だったけどお疲れ様でした!

宮原知子っていつの間に世界ランキング1位になってたの? 知らなかった 凄いわ

左から本郷理華・宮原知子・長洲未来(USA)

【女子自己ベストランキング】
1位 228・56点 キム・ヨナ(韓国)2010年バンクーバー五輪
2位 224・59点 アデリナ・ソトニコワ(ロシア)14年ソチ五輪
3位 222・54点 エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)15年GPファイナル
4位 216.73点 カロリーナ・コストナー(イタリア)14年ソチ五輪
5位 216・69点 浅田真央(日本)14年世界選手権
6位 214・91点 宮原知子(日本)四大陸選手権 ←【NEW!】

▼四大陸選手権女子のショートプログラム宮原知子が首位発進していた

3つのジャンプを含めた演技要素を確実に決めるだけでなく、フラメンコの曲に合わせた豊かな表現も光った。

ISU(国際スケート連盟)公認の大会では自身初となる70点超えを達成した。

日本女子では浅田真央、鈴木明子に次いで3人目となる70点の大台突破。

宮原「国際大会で70点を1つの目標としてきたので良かった」とうれしそうな表情で話し、20日のフリーへ向け「自分がしっかり出来る構成になっているので、今できることをしっかりやりたい」と自信をみなぎらせた。

宮原知子さんは情熱的な曲とか赤の衣装が似合うと思う。 浅田真央さんとは正反対のイメージ。

宮原知子さん SP自己ベストで首位➴ෆ⃛ 彼女はまだ高校生。 すっかりフィギュア界のエースだね。 うれしいな

▼下半身強化のたまものだった

股関節を痛めたことを機に、専属トレーナーの下で下半身強化に着手した。この1年で垂直跳びは4センチ伸び、後半の難易度の高いジャンプも無理なくこなせるようになった。情熱的なステップを踏み、「レベルを落とさないように大きく動かすことを考えた」と納得の表情を浮かべた。

▼現役女子高生の宮原、実は英語がペラペラです

何事にもひたむきに取り組む宮原さんは、学業においても定期試験はもとより、外部の模擬試験でも学年上位に入る成績を修めている。
文武両道を実践している中等部自慢の生徒である。英語検定では2級を取得しており、海外遠征においても通訳無しで対応できる。

▼関大高の卒業論文のテーマは「オリンピックに魔物はいるのか」

10年バンクーバー五輪代表の織田信成氏へインタビューするなど、5人の五輪経験者から「魔物は自分でつくるもの」と教えられた。場の雰囲気にのまれず、ぶれない自分でいる大切さを胸に刻み、18年平昌五輪にも「絶対に出たいと思うようになった」と意欲は高まった。

▼両親ともに医師のエリート一家

お父さんは京都市立病院呼吸器外科の部長「宮原亮(みやはら りょう)」さんであることが分かりました!
京都大学医学部付属病院呼吸器外科の講師も務めています。

お母さんの名前は「宮原裕子(みやはら やすこ)」さん。
医師として働いている病院はおそらく旦那さんと同じく「京都市立病院」だと思われます。

ご両親の仕事の都合で小学2年(7歳)までアメリカのヒューストンで暮らしていました。
当時ご両親は大学病院で勤務されていたようなので、研究留学か臨床留学だったのだと思われます。

両親ともに医師なんてスゴイ!1年間の活動費が1000万円も掛かるといわれてるフィギュアスケートですが、金銭面では困る事はなさそうですね。

148.5cm宮原知子17才が世界ランキング1位❣️ジャンプ等ずっとノーミスなんだって✨安定感。父は医師。

▼スケートを始めたきっかけはショッピングモール

1 2





スポーツ・芸能を中心に日々気になったものをまとめてます。お気に入りしていただけると励みになりますので宜しくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう