1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

200万人以上が感染…今年のインフルエンザは最強レベルだった

国立感染症研究所によりますと、今月14日までの1週間で報告されたインフルエンザの患者数は、全国で推計約205万人でした。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年02月20日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
72 お気に入り 291977 view
お気に入り追加

○インフルエンザの流行のピーク続く

国立感染症研究所によりますと、今月14日までの1週間で報告されたインフルエンザの患者数は、全国で推計約205万人でした。

過去10年間で2番目に高い値となったことが国立感染症研究所の調査で分かりました。

○2012年に次いで2番目の大流行

インフルエンザで医療機関を受診した患者は、前の週より41万人増えて推計205万人に上り、1医療機関あたりの患者数は39.97人になった。

これは、過去10年間で、4年前の2012年に次いで2番目の大流行となっている。

今シーズンは流行入りが遅れたため、例年であればピークを過ぎる2月下旬でも流行が続く可能性があります。

今年はインフルエンザ流行が遅いねー。この時期にこれだけインフルエンザの相談が多いの初めてかもしれん。

インフルエンザ200万人越えとか50人に1人かかるのかよ 俺は去年から鼻水以外なんもないから健康だ

○全国で感染拡大中

鳥取県を除く46都道府県で「警報レベル」に達し、過去10年間で2番目に高い数値に達している。

鳥取県を除くすべての都道府県で大きな流行が起きているおそれを示す「警報レベル」を超える患者数の地域が出ています。

愛知が1医療機関あたり58.5人と最も多く、続いて沖縄、埼玉、福岡の順となっている。

鳥取県以外がインフルエンザの危険レベルが高くなってる。インフルエンザの流行もすごいけど、鳥取県、すごくない?鳥取県だけって

○子供の感染が多い

年齢別では、5~9歳が約40万人、0~4歳・10~14歳がそれぞれ約22万人と上位を占め、幼稚園や小・中学校における集団感染の影響がうかがえる。

続いて、40代が約19万人、30代が約18万人、20代・50代がそれぞれ約11万人と、働き盛りの世代も注意が必要だ。

知り合いが続々とインフルエンザに倒れている。子供と共倒れきついだろうなー。

やっと子供達の熱が下がった。今回のインフルエンザは手強かった。うちの場合、熱による頭痛の他、吐気が強く出た。下の子はさらに鼻血が出て、吐きながらドバドバ鼻血が出た時はかなり動揺した。まあでも落ち着いてよかった。僕も自由に行動できるまでもう少しの辛抱だ。

○みんなもインフルエンザで苦しんでいた

インフルエンザ長引くなあ……2日間高熱出したからもう大丈夫だと思ったけど微熱は続く……うーむつらい

インフルエンザ…息が出来なくて苦しいし空腹なのに喉が痛くて水すらつらい(;д;)

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう