1. まとめトップ
  2. ガールズ

朝の5分で出来る♡触りたくなるような髪に仕上げる簡単テク

冬の髪のパサつきって気になりませんか?ヘアスタイルが決まらないと出掛けるのもイヤになってしまいますよね。そんな時のひと手間!触りたくなるような髪に仕上げるちょっとしたコツをまとめてみました。

更新日: 2016年03月07日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1001 お気に入り 339158 view
お気に入り追加

▼頭皮も髪も乾燥する冬。

乾燥した空気は、髪の毛や地肌の水分を蒸発させます。湿度の低い場所では、肌がカサカサするように髪も同じで潤い不足のカサカサ、パサパサに。

冬は空気が乾燥している上に、オフィスなどではエアコンの温風が直接髪に当たり、ダメージを受けやすい季節と言えます。

水分不足でからからになれば、髪はもろくなってすぐに折れたり、切れたりとダメージ続出。切れた毛先はささくれ状態だから、枝毛へとまっしぐら。また、頭皮の乾燥はフケや抜け毛の原因に。

▼髪がパサパサだとテンションも下がっちゃうよね( ;∀;)

自分の髪パサパサのゴワゴワのキシキシでほうきみたい

髪パッサパサだし顔カッサカサだし何なのこれ

髪がパッサパサなんだけどこれ切るしかないの????

□でもこれなら大丈夫!朝の5分で美髪は作れる♡

①お湯をかけたコームでブラッシングをする。

お湯をかけたコームでブラッシングすれば簡単に寝癖が直ります。その後に洗い流さないトリートメントで仕上げれば完成!

朝広がっていたら、お湯をかけたコームでとかしましょう。たんぱく質の特性は、温めると柔らかくなり、冷やすと締まって硬くなる

②ツヤを出したいなら、ドライヤーを上手に使おう!

・根元をキチンと乾かす。

ドライヤーは髪から10cm以上離しましょう。
そして、しっかりと根本を乾かしましょう。

髪のつけ根(頭皮)から毛先への流れを意識し熱をしっかりあてて

こめかみあたりからごっそりと髪の毛を分け、逆サイドに流すように乾かします。次に逆サイドも同様に乾かします。

耳の後ろは乾きにくくクセやボリュームも出やすいので、
上から下に向かって風をあてるようしっかりと乾かします。

ドライヤーは、下から当てるとキューティクルがパサつきの原因に。上から下へ当てていきましょう。

※ここで大切なのは髪を「引っ張りながら」乾かすこと。

髪の毛は、軽く引っ張ることで、キューティクルが整い、ツヤが出るようになります。
強く引っ張ると、髪が傷んだり、切れたりしますので、軽く引っ張ることを意識しましょう。

髪は必ず、4本指でつかんで少し引っ張って乾かします。

ドライヤーを持っていないほうの手で、髪を軽く引っ張りながら髪を乾かしていくとボリュームが抑えられて、寝ぐせも直って一石二鳥

片側だけハネてしまう、という方も多いかと思いますが、ハネやすい方の髪を前方向(顔の方)に引っ張って乾かすとハネなくなります

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう