1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

広島優勝も”ある判定”がファンの間で物議を醸してる

今季初の公式戦『富士ゼロックススーパーカップ 2016』で優勝したサンフレッチェ広島。でも試合の後味は、なんだか悪いものになっているみたい。

更新日: 2016年02月21日

manuronaldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
26 お気に入り 135614 view
お気に入り追加

20日、今季初の公式戦『富士ゼロックススーパーカップ』が開催

前半は、両チームとも新しい組み合わせを確かめるようなスローペース。どちらも決め手を欠き、スコアレスのまま終了。

そんな膠着した流れを変えたのは”やっぱりこの男”だった

しかしこのゴールの際に左足を痛め、直後の8分に浅野と交代。その際、佐藤から「頼んだぞ!決めて来い!」とゲキが飛ぶ。

ここから試合は一気に展開が早くなる

2016年初のタイトルは広島が手にした

攻守の切り替えの速さ、連動性がやはり広島のキモだなぁと。キーパー林のキャッチから速攻のシーン、何度かあったし。森保さんは相変わらず勝負強いチームを作り続けている。

広島強いなー。監督のやりたいことの基本がわかってる選手が軸にいるのが大きいし、その選手が怪我しないという点でメディカルもいいんだろうな。これで浅野、野津田と若手ディフェンダーが1人でも成長してポジション争いが激しくなって、ウタカがハマればACLもいけるのでは?

だがこの試合の”ある場面”が大きな波紋を呼んでいる

波紋を呼んでいるのが、後半10分にペナルティーエリア内でG大阪の丹羽がハンドの判定をうけ、広島にPKを与えた場面。

映像では顔面に当たったようにも見えるため、中継を見たファンからは「誤審ではないか」との声が噴出。

試合後丹羽は、終了直後にあいさつをした際に主審が誤審を認めたと証言。

「(審判も)人間なので。ACLもいろんな笛がある。人としても成長させてもらう機会を得たので、糧にしたい」と話している。

真剣勝負で負けるのは仕方ないけど、ニュースになるような誤審で負けるのは悔しいを通り越す・・・

昨日のゼロックスで丹羽がハンドしたって誤審の映像見たけど、難しいね。確かにリプレイみれば顔面に当たってるのわかるかもしれないけど、左手が伸びててそこに当たったって判断されてもやむをえないようにも見える。

ゼロックスで検索してトップに来るのが誤審判定の動画・・・ 悲しいなぁ(・ω・`)

この試合を裁いていたのは飯田淳平主審

丹羽の証言を受け、日本サッカー協会審判部は、上川委員長同席の上で飯田主審に聞き取り調査。

1 2





manuronaldさん

自分が気になったことをまとめていきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう