1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

家康に秀吉も温泉が好き!「真田丸」武将ゆかりの温泉地

大河ドラマ「真田丸」ファンなら訪れたい温泉。長生きをした戦国武将は温泉マニアが多い?真田幸村、真田信之、徳川家康など戦国武将ゆかりの全国の温泉地です。

更新日: 2016年02月28日

62 お気に入り 37536 view
お気に入り追加

■大河ドラマ「真田丸」で昌幸が滝川に草津温泉をすすめた

滝川一益「この辺りで良き湯治場はないか?」 真田昌幸「それならば草津が」 滝川一益「草津?(近江宿場町に温泉が?)」 #真田丸

伊賀越えの #真田丸 がおもしろいので、もう一度見てみた。滝川一益、もしや草津へ湯治行ってたから清洲会議遅れたという設定でしょうか。前橋から草津は遠いよー

戦国時代は傷病の治療に重宝され『草津入湯ブーム』が到来、その評価はうなぎ登りとなった

草津には前田利家、大谷吉継など豊臣側の武将が多く入湯した

▼実は温泉好きの武将は多い!全国には戦国武将ゆかりの多くの温泉が存在する

■真田家ゆかりの温泉 別所温泉

別所温泉は信州最古の温泉といわれています。
戦国時代には北条氏や真田氏が好んで入ったと伝わっています。

戦国時代には上田城主・真田氏とその家臣団が入湯していたという記録がある。

・「真田太平記」の舞台になった石湯

大河小説「真田太平記」には、別所の湯がしばしば登場します。

幸村(信繁:真田昌幸の2男)が向井佐平次(物語中では武田家の落武者、ある意味幸村の腹心的な重要人物)と初めてあった場所とされます

「石湯」のエピソードは、あくまでも小説の中での話です。

■真田信繁(幸村)の兄・真田信之

父・真田昌幸、弟・真田信繁(真田幸村)ら華々しい活躍に定評のある一族中でも地味ながら、信濃国上田藩そして松代藩の初代藩主として、明治まで続く

大泉さん演ずる真田信之、めっちゃ長生きするねんな。享年93歳ってどんなんや。

・長生きの秘訣かも?信之が傷を癒やす湯宿温泉

初代沼田城主の真田信之が関ヶ原の合戦の疲れを癒すために訪れるなど、真田家ゆかりの温泉地

湯宿温泉の超老舗旅館「湯本館」には、温泉の由来が記された「湯宿村温泉記録」などの古文書や真田家ゆかりの品が数多く残されている。

信之が浸かったのも、湯本館の源泉に相違あるまい。
93歳という長寿を生きた真田信之は、温泉の良さも知っていたはず

湯宿温泉湯本館に来た 自家源泉、硫酸塩泉 これは気に入った!!ふわりとしたお湯に磯のような匂い、六角形の独特な造りをした大浴場 pic.twitter.com/QW1yUz224V

■真田信繁(幸村)の最大のライバルとなる徳川家康

真田丸、三谷幸喜さんだなぁ。。。徳川家康がアホっぽくて、いいのか?と思う。面白いんだけどね。 #真田丸どうでしょう

1 2





何故だろうさん

イケメンと美女を中心に、お役に立つ雑学と疑問に思っている事をまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう