1. まとめトップ
  2. カラダ

「足が太くなる」はウソ?自転車で効果的にシェイプアップしよう♪

通勤に、子どもの送り迎えに、買い物に行くときなど、自転車に乗る時って多いですよね。でも、よく聞くのが、自転車に乗ると足が太くなる…と言うもの。それ、実は乗り方に原因があるのかも知れません。自転車で効果的にシェイプアップする方法をまとめてみました。

更新日: 2016年02月26日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
281 お気に入り 77624 view
お気に入り追加

▼健康に美容に最適な自転車。

膝や腰への負担も少ない上に、ウォーキングやジョギングとはまた違った爽快感が味わえる自転車。普段運動をしていないという方でも、自転車は無理なく乗れるのが嬉しいですよね。

大きな筋肉を使ってこぐことで疲れにくく、そのうえ消費エネルギーを増やすことができます。またランニングなどと違って筋肉へのダメージが少なく、筋肉痛が起こりくいのも魅力。

ペダルを漕ぐときに太ももやふくらはぎなど、下半身の筋肉を使うのはもちろんのこと、体全体でバランスを保ったり、腕で体を支えたりするため、腹筋や背筋など、体全体の約70%もの筋肉を使います。

ペース配分が乱れにくいので効率よく脂肪を燃焼するのにも効果的。さらに、下半身だけではなく全身の筋肉を使うこともダイエットにとって◎。姿勢を支える腹筋や二の腕の筋肉にも適度に刺激を与えることで、基礎代謝を高め痩せやすい身体を作ることが可能

▼自転車って気持ちいいよね♡

最近は日の出が早くなってきて自然に早起きできるようになった(*˙︶˙*)☆*° ダイエットがてらの自転車通勤が気持ちいい❤ pic.twitter.com/8CdITSFP4u

自転車乗ってるんだけど今日の風凄く気持ちいい(*´ω`*)

そういえばっ帰り道 ☁  ☁  空パステルカラーだったり 夕日綺麗すぎてパシャリ 夜も星綺麗に見えるし夏も... うちの通学路よすぎて ☁  ☁   自転車で帰るのけっこう好き pic.twitter.com/ysWQvBLZ6n

▼最近では、自転車にこだわりを持つ女性も増加中。

動きたい!運動不足を解消したい!代謝を上げたい!汗をかきたい!など、アクティブな人が多く、美しくなることを意識して自転車に乗る傾向が強くなっています。通勤などで使う人も多いですよね。

▼でも気になるのが「足が太くなる」説…。

「自転車って、オシャレでかっこいいけど、乗ると足が太くなりそう」そんな不安から、自転車に乗るのをためらっている女性も多い

□それは自転車の乗り方が問題かも…もっと効果的に乗ってみよう!

①サドルが低いのはNG!サドルの高さは適正に。

自転車に乗るときにサドルを低くして、脚のかかとが地面にべったりつくようにしていませんか?実はこれはNG。太ももの前側の筋肉ばかりが発達してしまい脚が太くなり、さらに疲れてしまうことで姿勢も悪くなって、体幹にも効かないそうです。

サドルが低いと、太ももの前やふくらはぎに負担がかかり、
太くなってほしくないところが太くなります。

サドルの高さは、ペダルが真下にきたときに少しヒザが曲がる程度
腹筋に力を入れ、お尻に重心を置いてしっかりサドルに座る

自分に合う位置や角度で取り付けると、痛みや違和感が解消される

②ギアは重くしない。

最近ではギアを変えられるのもありますが、重すぎるのはNG!

息が上がらない程度の軽さが目安です。
1分間に80回転以上回せなければ、ギアが重すぎると思って。

ギアを重くすると太ももの前側の筋肉ばかりがついてしまうので、ペダルは軽くクルクル回せる程度にしましょう。

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう