1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

アメリカでまた銃乱射事件…8歳の男児を含む少なくとも6人を無差別殺人

米中西部ミシガン州カラマズー郡で、男が車で移動しながら3カ所で銃を乱射、8歳の男児を含む少なくとも6人が死亡、3人が負傷した。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年02月22日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 27850 view
お気に入り追加

○米でまた銃乱射事件

アメリカ中西部のミシガン州で20日夜起きた銃乱射事件で、6人の死亡が確認されました。

米中西部ミシガン州カラマズー郡で、男が車で移動しながら3カ所で銃を乱射、8歳の男児を含む少なくとも6人が死亡、3人が負傷。

○無差別に発砲した可能性が高い

米メディアによると、男は45歳の白人。犯行に使用されたとみられる銃を車内で発見。

地元警察は45歳の男を逮捕し、動機などを詳しく調べていますが、犠牲者に共通点はなく警察は男が無差別に発砲した可能性が高いとみています。

○次々と6人を銃殺

車で移動してその数時間後、自動車販売店で車を見ていた親子2人を射殺した。

警察は当初、5人のうち14歳の女の子も死亡したとしていたが、その後死亡していなかったと訂正した。

○このニュースについてネットでも話題になっている

アメリカの銃乱射とかやめてほしい。殺したい人もいないのにむやみに人を殺すとか、もう、そういう人は本気で訳わからん

いくつかある「第2の故郷」のアメリカミシガン州カラマズー市において、 バカが銃を乱射した事件で6人が死んだらしい。 銃社会がどうとか言うつもりはあまりないが、 非常にのんびりした街であったカラマズーが、 そういう街になってしまったことが非常に悲しい。

テロや交通事故より銃で死ぬ人の方が多い国、アメリカ。なかなかの病みっぷり。 pic.twitter.com/LhiLUrH1dx

○タクシー運転手が犯行の合間に接客か

自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリ。一般人が自分の空き時間と自家用車を使って他人を運ぶ仕組みを構築している。

拘束された容疑者の男は配車サービス会社の運転手で、3件の銃撃事件の間に客を乗せていた可能性を伝えている。

スマートフォンでタクシーの配車を依頼できる「ウーバー」に登録された運転手で、犯行の合間に乗客を乗せた可能性があると伝えています。

拘束されたジェイソン・ブライアン・ダルトン容疑者は配車サービス会社の運転手をしていて、現地メディアは、3件の銃撃事件の間に客を乗せていた可能性もあると伝えている。

アメリカの銃乱射、犯人はウーバーの運転手とか怖すぎ。

○「被害者は無差別に選ばれた」

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう