1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

小京都の名残を感じる城下町♪「金沢」おすすめスポット8選

金沢旅行はココ!というスポットを集めました。京都の祇園と並ぶ「茶屋街」。本当にある「忍者寺」。世界で最も美しい駅に選ばれた「鼓門」。金沢には魅力的なスポットがたくさんあります。

更新日: 2016年03月14日

hiepitaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
125 お気に入り 17628 view
お気に入り追加

①世界で最も美しい駅「金沢駅」

金沢のシンボルの一つ。「世界で最も美しい駅」にも選出。かなりの存在感があります。記念撮影は…しちゃいますよね(笑)

城下町金沢を観光するには、金沢の街の雰囲気を存分に楽しみながら、市内の主要観光スポットをくまなく巡ることが出来る「城下まち金沢周遊バス」がオススメです。

1日フリー乗車券|大人500円、こども250円

※1日フリー乗車券はフリー区間内であれば北陸鉄道グループバスも乗車可能

◆ 城下まち金沢周遊右回りルート|金沢駅東口発 8:35~18:05
◆ 城下まち金沢周遊左回りルート|金沢駅東口発 8:30~18:00
◆ 兼六園シャトル|金沢駅東口発 9:30~17:50

パンフレットPDF:http://goo.gl/qCvXkl

②小京都の名残「金沢三茶屋街」

今も残る茶屋街。加賀百万石の城下町として栄えた証でもあります。
また現在は町家を生かしたカフェや工芸品ショップも運営されているようです。

茶屋街とは、学者や上流階級といった一部の限られたお客様のみに許されたお茶屋さんの場、すなわ「格式高い憩いの場」でした。

その為、金沢らしい美しい格子と石畳の情緒ある街並みが今も残っています。

金沢の三茶屋街の一つ「ひがし茶屋街」。一番規模が大きい茶屋街です。京都の祇園と並ぶ、日本の二大茶屋街です。

東の浅野川沿いにある二つの茶屋街とは金沢市内中心部をはさんで反対側の、犀川向こうの野町にある茶屋街。100m程度の規模ですが、必見です。

昔ながらのお茶屋さんがあるだけでなく、町家を生かしたカフェや金沢の工芸品などを扱うお店があちこちにあります。

③今も人々が暮らす「長町武家屋敷跡」

長町武家屋敷跡(ながまちぶけやしきあと)

近代的なビルが建ち並ぶ香林坊を一歩裏通りに入ると、江戸時代に迷い込んだような長町武家屋敷跡が続いています。加賀藩士の中・下級武士が住居を構えた地域で、現在も各屋敷で生活が営まれています。

ミシュランの二つ星や米国の庭園専門誌が行った日本庭園ランキングで第3位となるという、海外からも高い評価を得ている庭園です。

中級武士だった高田家の屋敷跡。藩政時代の武士や武家奉公人達の暮らしぶりを知ることが出来ます。

今でも長町武家屋敷では屋敷内庭園の曲水のために引き入れられ、庭園を巡ったあとは用水に戻されています。

④本物の忍者寺「妙立寺」

忍者寺の別称で知られている妙立寺は、加賀前田家第3代当主だった前田利常の命によって、創建された日蓮宗の寺院。

・拝観時間: 9:00~16:30
・定休日:1月1日、法要日

まじでこんな感じのようです。

外敵からの防御のために設けられた隠し部屋や隠し階段など23の部屋、29の階段と4階7層からなる建築構造

⑤金沢の台所「近江町市場」

近江町市場(おうみちょういちば)

カニやカキ、ガサエビなどの新鮮な日本海の魚介類が舌鼓を打ちます。

・営業時間: 9:00~17:30
・アクセス: 城下まち金沢周遊バス|RL16 武蔵ヶ辻・近江市場下車 徒歩1分

約170店の商店・飲食店が軒を連ねます。

市場には日本海の新鮮な魚介類や金沢野菜など、加賀百万石の城下町金沢の食文化を支えてきた様々なお店が並んでいます。

⑥四季折々のお城「金沢城」

1 2





まとめについて勉強中です。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう