1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

30年以上も非行に走る子供たちに食事を作ってきた「広島のマザーテレサ」が素晴らしい

少年犯罪が話題になることが多い昨今ですが、広島に非行に走る子供たちを30年以上にわたり支えるボランティアに携わる女性がいます。

更新日: 2016年02月23日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
163 お気に入り 129236 view
お気に入り追加

少年犯罪が話題になることが多い昨今

少年犯罪が急増しているということがよく報道されています

広島に非行に走る子供たちを支えるボランティアに携わる女性がいる

30年もの間、家で食事が満足に取れない子どもたちに自宅を開放し、
ボランティアで食事を振る舞い続けてきました

空腹のため万引きなどに手を出してしまう子どもたちを自宅に招き、手料理を振る舞うなどして、子どもたちの声に耳を傾け、その多くを更生に導いてきました

いつしか「広島のマザー・テレサ」と呼ばれるように

小説より、事実が好きだが、こんな事は、小説でも、架空の世界でもなかなか書けないと思う

貯金も全て子どもたちの食費に充てた

私は貯金も全部、子どもらの食費に回してきた。古い時代の人間だから、物が欲しいとかそういうのはないの

私の家は狭いのですが、一番多く来たのは12人ときです。
大変なことがたびたびありました

親が食べさせてこなかったために、好ききらいが多い子も結構います。ご飯は9合炊きの釜で3回炊きますが、足りないときにはソーメン、うどんを作ったりします

子供たちも中本さんを信頼している

僕も中本さんが関わっている、元気な少年たちと会わせてもらったことがあるけど、みんな中本さんのことをばっちゃんと呼び、大好きであることがすごく伝わってきた

彼らは、彼らの「今」の心象を受け入れてくれる、ばっちゃんに
直感的に、愛に近いものを感じて、だから、何度も行ってしまう

母の日には、エプロンやハンドバッグがいくつも贈られてくる。成人し、結婚した元少年から「毎日元気にしよる? 俺は元気じゃけぇ」という手紙が届く

「ばっちゃん おれ税金を払えるようになったよ」、と言って 「ばっちゃんの年金おれのではらってあげる」という様な事を言ってくれます

「空腹が非行をもたらす」というのが信念

「人は食べんことには悪いほうへ向かってしまう」
そんな信念で、来る日も来る日も台所に立つ

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう