1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

考えさせられる月9。不調だった『いつ恋』に大絶賛の声!

視聴率は大苦戦している月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』。衝撃の第一章完結…そして第二章開始。明るくはないけどリアル重視な展開に視聴者の評価が上がりまくってるみたい。途中で見るのをやめた人にもぜひ見てほしいまとめです!!

更新日: 2016年02月23日

critical_phyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
85 お気に入り 313319 view
お気に入り追加

視聴率は大苦戦?月9の『いつかこの恋を思い出して泣いてしまう』

有村架純と高良健吾の連ドラ初主演作となった『いつ恋』は、“若者の恋愛ドラマ”という前評判だったが、家族との確執や死別、震災といった骨太なテーマが存分に盛り込まれたストーリーを展開。

「人生はつらい、でも恋をしてるときは忘れられる」をキーワードに、東京で生きる若者たちのリアルな今を映し出す。

初回から11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と低空飛行のスタートを切り、第2話が9.6%、第3話が10.0%、第4話8.9%、そして最新の第5話%で8.8%。第5話までの平均は9.8%で、歴代月9ワースト視聴率の『極悪がんぼ』の全話平均9.9%を下回ってしまいました。

そして先週で第1章完結…徐々に注目され始めている!?

第5話、音と練をはじめ、音を思う朝陽、練を思う木穂子、小夏、そんな小夏を見守る晴太の6人の思いがぶつかり合う“事件”が起きる。

見た人ならわかりますよね…この修羅場感…

ラストでは、それから5年後の彼らが描かれたが、そこに優しい“引越し屋さん”の姿はなかった。ブラックスーツに身を包み、晴太と2人でどこかに向かう練の表情は別人のように険しく、5年という月日の長さを物語っていた。

第5話では、第一章が完結。第6話からスタートする第二章では、それから5年後、2016年現在を舞台とした物語が描かれる。

いつ恋1話以降見てないって言ったらさつきに無理矢理5話まで一気に見せられて最初嫌々だったのにまんまとハマったわ......大いに朝陽推しだし朝陽みたいな人が増えたら日本は平和だと思います......

いつ恋5話見たが、あれ、早すぎ?! でこなつやだなぁぁぁぁぁ…

放送終了後、Twitterのトレンドワードには「いつ恋」「高良健吾」「高良くん」「引越し屋さん」「音ちゃん」「芋煮会」などが並び、その半分を高良が独占。

そして待望の第2章…今回もすごい展開に…

27歳になった音が、練と衝撃の再会を果たす。介護福祉士の資格を取り、今も「春寿の杜」で働いている彼女は、朝陽と付き合っていた。

6話では、27歳になった音と、音が働く介護施設「春寿の杜」を経営しているグループ企業の御曹司で、本社に務める朝陽のシーンが多く描かれた。

実は音も木穂子も、小夏(森川葵)や晴太(坂口)らとともにこの家で練と会ったのが最後だった。木穂子は、練の携帯電話に電話をしてみた。しかし、その番号はもう別の持ち主に変わっていた。

曽田練(高良)が中條晴太(坂口)と務める怪しい仕事も明らかになり、市村小夏(森川)が5年前から変わり果てたボロボロな姿で現れる。

錬の変化にびっくりしましたが、もっとびっくりしたのは小夏の変貌ぶり。
髪はボサボサで明らかに、廃人のようになってしまった小夏。小夏はどうなってしまったのか?

杉原音を演じる有村と、上司で恋人・井吹朝陽を演じる西島隆弘(AAA)のシーンに反響が集まっている。

音の家にやって来た朝陽は何も言わずに後ろから音を抱き締め、「音?結婚しよ?…結婚しよう」とプロポーズ。「どうしたの急に?」と驚く音にそっと結婚指輪を渡した朝陽は、「俺と一緒に幸せになろう」と告げた。

トレンドに月9のワードが多数並ぶなか、「にっしーやばい…惚れた」「はい!結婚しますよろしくお願いします(即答)」「にっしーかっこよすぎるやろ…」「にっしー、音ちゃんって呼んでたのにプロポーズのときだけ呼び捨てして死んだ」など“キュン死”する女子たちの声が殺到。

まじで1週間待てないという声が多い…

また1週間待たんといけんのかぁ。 いつ恋 待てない 。

1 2





個人的な趣味嗜好ばかりまとめてます。
みなさまのお役に立てれば嬉しいです。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう