1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

シングルマザーの"子連れ移住"を歓迎する街が増えてる

実はひとり親家庭が、いろんな問題を解決するカギに!?

更新日: 2016年02月24日

tiejiheさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
207 お気に入り 63914 view
お気に入り追加

「ずっと受け継いできた農園だから、つぶすわけにはいかない。悩んでいた。ところが彼女らが来てから夢がパーッと開けた」

過疎化で人手・後継者不足の地方と、ひとり親の家庭がひとつになる動きが。

島根県の過疎に悩む街は、シングルマザーに手厚い

町の“定住コーディネーター”が移住者を支えてくれる

『子育て費用の補助』『住宅の確保』『仕事のあっせん』『相談窓口の設置』を行っていた。

引っ越して施設で研修を受け就労するなどの要件を満たすひとり親家庭に対し、1年間、養育費や家賃などを補助する

月額15万円が研修体験費用として支給、月3万円の養育費や家賃補助(上限2万円)も支給される

研修前に支度金30万円、研修終了後は100万円の終了金がもらえる

ひとり親世帯を支援するとともに、介護職員の育成を行う。

新潟県は、学費に苦労しているひとり親を支援する

親子で移り住み、新潟県内の学校に進学する高校生以上の学生1人につき、月1万8千~4万4千円を無利子で貸し出す

世帯年収が300万円以下の家庭には引っ越し費用を15万円まで支給のほか、奨学金の返済も世帯年収が300万円を超えるまで猶予

「人手不足が深刻化し、人を確保したい企業の声にも応える」

移住先として人気がある長野県も動く

東京とのアクセスの良さや豊かな自然、暮らしやすさなどから移住先として人気が高い。

長野県公式サイト
https://www.city.nagano.nagano.jp/site/hitorioya/

「長野県は都市部に比べると生活コストが安い。県内で安定した仕事を紹介できれば、移住のハードルも下がるのではないか」

九州でも移住支援が始まった

大分県国東市は、都市部から移住してくるひとり親家庭に、引っ越し費用や家賃を補助する制度を新設する

都市部在住で求職中のひとり親家庭が対象。敷金、礼金を含む引っ越し費(上限15万円)、家賃の一部(上限1万円)を市が補助

東京都でも、小さな移住ができる

国の児童扶養手当とあわせて、武蔵野市では、ひとり親家庭を対象にした独自の「児童育成手当」も支給

1 2





tiejiheさん

日常を大切にしています。



  • 話題の動画をまとめよう