1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ほぼ全員が無職。厳しい環境の「水球日本代表」に変化の兆し

32年ぶりの五輪出場決定にもかかわらず、”選手の大半が無職”と話題になった水球日本代表「ポセイドンジャパン」。その彼らが置かれる厳しい環境に変化の兆しが見えていた

更新日: 2016年02月24日

manuronaldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
43 お気に入り 151704 view
お気に入り追加

32年ぶりの五輪出場が決定した水球日本代表

昨年12月に中国で行われたアジア選手権で、3戦全勝で並んだ地元・中国とのリーグ最終戦で16―10と快勝し優勝。

これまで跳ね返され続けてきた「アジアの壁」をついに撃破

04年アテネ、12年ロンドン五輪のアジア予選会では、最終予選の権利を得ながら「勝ち目がない」とチーム派遣を見送った。

競技の性質上、体の大きな外国勢との”フィジカルの差”がもろに出てしまう水球は、日本人には不利な競技とされていた

そこで12年に就任した大本洋嗣監督は「改革」に乗り出した

日本の武器を泳力とスピードと考え、ゴール前を固める守りから、前に出て相手のパスコースを塞ぐ守備へ方針転換。

新戦術に必要な相手を上回る体力をつけるため、泳ぎ込みと筋力トレーニングにひたすら取り組んだ。

1年の半分は合宿に充て、筋トレとプール練習をそれぞれ午前、午後の2回導入した。通常は2~3時間の練習を倍こなした。

そうやってようやく掴んだ五輪の切符だった

だが直面したのは競技面の問題だけではなかった

「水球」は日本では”マイナー競技”とされるスポーツ

6年前に新潟県柏崎市に社会人クラブ「ブルボンウォーターポロクラブ柏崎」ができ、働きながら競技続行が可能になったばかり。

以前は「会社を休み、自費で遠征に行く生活はきつい。実力があっても辞める選手が多かった」と関係者は話す。

だが問題はその他の面でも

メディアなどへの露出度も少ないため、支援するスポンサーや企業もほとんどなく、個人スポンサーなどが付いている選手もわずか。

さらに大会前は約2か月間合宿を行うため、理解を示し選手を雇用してくれる企業を見つけるのも至難な状況。

海外クラブ所属選手でも報酬は“お小遣い”程度で、水連やJOCなどから強化費の支給を受ける選手もいるが、アルバイトで食いつなぐ選手もいる。

競技面のみならず環境面での問題も厳しいものだった

しかしいま、そんな環境に”変化の兆し”が見えている

現在ハンガリーのプロチーム「Honved」でプレーをしている竹井昂司選手は…

プロチームに参加している8カ月間は月8万円の給料をもらうが、国内では後輩の部屋で居候しながら代表合宿に参加してきた。

25年間、アルバイト経験もなかったが、地元京都の企業にリオ五輪が終わる8月末まで臨時で社員として入社が決定。

1 2





manuronaldさん

自分が気になったことをまとめていきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう