1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

阿部寛&天海祐希『恋妻家宮本』W主演で、やっと夫婦になれた⁉

人気・実力ともトップクラスの俳優二人…阿部寛と天海祐希が初の夫婦役で話題の映画「恋妻家宮本」。名脚本家・遊川和彦氏の初監督作でもある本作、撮影も順調に進んでいる模様で今から公開が待ち遠しい。

更新日: 2016年02月24日

futoshi111さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
33 お気に入り 54407 view
お気に入り追加

◆超人気の二人が初の夫婦役で映画W主演!

子どもが独り立ちして2人きりになった夫婦が、50代からの夫婦生活にどう向き合うのかをコミカルかつハートフルに描く

25年振りに夫婦二人きりで生活することになった宮本陽平(阿部)は、妻・美代子(天海)が隠し持つ離婚届を発見

熟年離婚の危機に面した陽平は、悩み、葛藤しながらも、教え子や料理教室の仲間と関わる中で家族のあり方を再認識し、妻と新たな一歩を踏み出していく…

◆そんな二人の共演は実に4度目

阿部は天海祐希(48)と初の夫婦役。過去2度のドラマ共演で恋人、婚約者を演じた

映画共演は、「必殺!三味線屋・勇次」(99年)以来、約18年ぶり。宝塚歌劇団を退団後に初主演したフジテレビ系「橋の雨」(96年)で、阿部に恋慕われる役を演じた天海は「20年たってご一緒できて夢みたい」

「大切なことは正しいことよりも優しいこと」という今作のテーマについて、阿部は「目の覚めるような思い。宝物として自分の中に生涯持っていたい」と力を込めた。“超大型カップル”が、夫婦愛のメッセージを届ける

◆ファミレスのシーンから撮影開始

映画は、ファミレスのシーンがポイントとなりそう

撮影はファミレスを完全再現した千葉県のロケセットで1月17日にスタート

多様なメニューに迷う優柔不断な夫・陽平(阿部)と、それを無表情で見つめる妻・美代子(天海)

過去の遊川作品を彷彿(ほうふつ)とさせる謎めいた雰囲気を醸し出しながらも、陽平の個性的なキャラクターが加味され、これから始まる夫婦の物語に期待を抱かせるシーン

ファミレスって人生と一緒ですよね。メニューから選んでも選び切れなくて、選んでも結局自信がないというか。でも前に進まなきゃいけない

遊川監督・談

◆共演4度目の演技派二人は息もピッタリの様子

1メートル71の天海が1メートル89の阿部にしなだれかかるシーンがあり、「阿部さんは腹筋だけで私を支えていた。頼りがいがあって、やっぱり大きいって素敵!」とうっとり

リハのときから全力で乗っていっても阿部さんがいい感じに腹筋で止めているんですよ(笑い)。遠慮せずいっても腹筋で私の体重を支えてくださる

阿部は「首をブンブン振られるシーンもあり、今回はアクション映画みたいでした」と苦笑い

◆人気脚本家、遊川和彦氏が傑作小説を大胆アレンジ

「家政婦のミタ」「○○妻」「偽装の夫婦」などを手掛ける

1 2





futoshi111さん

「何度でも見てもらえるようなまとめ」をつくっていきたいと思います!



  • 話題の動画をまとめよう