提供:サッポロビール株式会社

ウマそう…最近の「ヱビス」にビール好きがざわついてる

ここ数年、度々でるヱビスの限定商品がビールファンたちを唸らせているらしい…。

更新日: 2016年03月15日

76 お気に入り 261350 view
お気に入り追加

最近、ヱビスの元気がいい…?

最近発売された「ヱビス with ジョエル・ロブション 余韻の時間」は、数年前話題になったコラボの第2弾。

歴史あるビールブランド「ヱビス」と世界的なフレンチの巨匠“ジョエル・ロブション”の両者が手を組み完成したビール。

世界11箇所に店を持ち「フレンチの皇帝」と称される人物。

世界に約0.7%しかない希少なホップを使用。ベリー、ハーブなどのさまざまなアロマが絡み合う、ユニークな香味が魅力

まるで「シャンパン」の様な味がすると言われ、ビール好きの間で話題に…。

何かと話題になる「ヱビスの限定」

熟成期間を2倍にするという常識を覆すビールをだしたり、

女性向けに作られたシルクエビスは苦味を大幅にカットするビールに。

ここ数年、チャレンジングな「限定商品」は出る度に品薄に。

プレミアムビールにこだわって100年以上…!

国産プレミアムビールの先駆け的存在なんだとか。

発売は1890年(明治23)。ドイツから機械を取り寄せ、ドイツ人技師にビール造りを教わり、本場の味を追求して作られた

1900年(明治33)のパリ万博で金賞。1904年、米国で開催されたセントルイス万博においても、グランプリを受賞

歴史が深い…

今やプレミアムビールは多く販売されているが、戦後、国産で麦芽100%のプレミアムビールはヱビスビールだけだった

味へのこだわりはもちろん、当時無かったPR活動に力を入れたらしい。

今年、「限定じゃない方」も改良

パッケージも新しくなってる。

ドイツ産のアロマホップを使い、通常の1.5倍の時間をかけて熟成。深いコクと味わい、良質な苦味が持ち味

1