1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ダークなギャグにハマる!アニメ化が決定した「三者三葉」が面白い!

まんがタイムきららに連載中のギャグマンガ「三者三葉」。テレビアニメ化が決定した「三者三葉」の魅力をまとめました。

更新日: 2016年02月25日

sryamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
66 お気に入り 38995 view
お気に入り追加

テレビアニメ化が決定した「三者三葉」とは

食いしん坊の双葉、根っから黒い委員長の葉山ちゃん、元・お嬢様の葉子サマ。この最強の三人娘(!?)が集まれば怖いものナシ!?

荒井チェリー「三者三葉」のアニメ化が、本日9月9日発売のまんがタイムきらら10月号にて発表された。

左:和久井優
中:金澤まい
右:今村彩夏

元気はつらつな大食い娘・小田切双葉は金澤まい、腹黒委員長の葉山照は「アブソリュート・デュオ」で穂高みやび役を務めた今村彩夏、元・お嬢様の西川葉子は「アイカツ!」氷上スミレ役で知られる和久井優が演じる。

今年の春から始まる「三者三葉」は、女子高通いの3人の女の子の日常を描いたほのぼの学園アニメだからみんな見ようね!イケメンやショタも出てくるから女の子にもオススメ! pic.twitter.com/dGtiRKYQrU

●ギャグが面白い

「三者三葉」は、高飛車な元お嬢様と、大食い女子と、腹黒委員長の三者が織り成す、とても黒いギャグ作品なのでオススメです。日常モノとは微妙にベクトルが違ってギャグ優先の作風となっており、登場人物は、ほぼ全員性格が黒いです。オススメです。

あと個人的に三者三葉がキてる みでしの荒井チェリー先生の作品でこちらはコテコテのギャグ中心ですぞ

祝アニメ化記念ということで、久しぶりに、荒井チェリー先生の「三者三葉」1巻を読んでみた。ダークぎみなギャグがやっぱり面白い。約10年前なのでさすがに絵柄は今と違うけど。 pic.twitter.com/68RtAU6ozM

●毒の強さにハマる

●キャラが個性的

山Gといい咲太郎といい、荒井チェリー先生の描く男性キャラは皆、ハイスペックな変態でステキすぎる。「三者三葉」と「いちごの入ったソーダ水」のアニメ化希望。 pic.twitter.com/bSqzDZSqlx

いちごの入ったソーダ水ももちろん好きだが、三者三葉のほうがキャラの個性強くて好きだなー

●名言が面白い

大好きな荒井チェリー氏の三者三葉の名言 「猫の腹毛は世界の宝!!」

それにしてもトレーディング名言缶バッジはなかなかやな……。双葉の「だよね!」好きだ。しかし西山いっこくらいあっても……(笑) #三者三葉

早速グッズも買ってきました!!!どれもかわいくて素敵ですが、特に名言バッジが面白い!!! 宣伝N #三者三葉 pic.twitter.com/wIVYCj8WEO

作者「 荒井チェリー」とは?

連載中の漫画
・三者三葉(2003年~)
・未確認で進行形(2009年~)
・いちごの入ったソーダ水(2012年~)

スタジオDNA発行のゲームアンソロジーコミックに津島亮名義で執筆していたが、2003年2月より芳文社の4コマ誌「まんがタイムきらら」にて荒井チェリー名義の『三者三葉』でデビュー。

荒井チェリー先生の絵、素朴な可愛さがあって好みだということに最近気づいた

1 2





このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう