1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

「男はこうあるべき」という考え方が男のストレスになってるらしい

やっぱり、女性は、自分を引っ張って行ってくれる男らしい人が好きですよね。でも、その「男らしさ」や「男はこうあるべき」などの考えが男性を苦しませているようです。その理由や対策法などをまとめてみました。

更新日: 2016年05月17日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
266 お気に入り 150706 view
お気に入り追加

▼女性が男性に求める「男らしさ」。

やっぱり、女性は、自分を引っ張って行ってくれるような男らしい人が好きですよね。

強靭な精神力を持ち、何かあってもブレたり弱音を吐くことなく男気を貫いてくれる強い彼氏の姿は、ベッタリ甘えてくる軟弱なオトコよりも数万倍も素敵だし頼り甲斐があってカッコいいもの

▼やっぱり男は男らしく!が素敵だよね♪

女の子っぽい人嫌いじゃないけど、やっぱり理想は 男らしい人を求めます私は

女子とか女の子とか彼女じゃなくて。 女 がいい 俺の女とか最高 男らしい人いいよね誰か分かってくれ

▼でも、それ、実は男性の「ストレスの元」になっているみたい。

近年、ストレス性疾患を患う男性が増えてるそう。

男同士は、協調よりも競争。率先してリーダーシップを発揮しなければいけない。男は外で常に競争をさらされ、「男らしさ」を気にしながら生きている。

「男のくせに」「男なのに」「男らしくない」「女々しい」の言葉

社会情勢の変化によってやる気を削がれた上に、「男らしく振る舞わなければならない」という呪縛によって自らを追い詰めてしまう

▼「男はこうあるべき」という考え方も男性を追い詰めていた…。

男たるものこうあるべき!
男はこうでなけれらばらない!
そんな「男らしさ」に追いつめられる。。。

「〜べき」という論調からあまり良い印象を受けないのは、
その多くが「価値観の押し付け」になっているから

□男性がストレスに感じてしまうのは何故なの?

・簡単に弱音を吐けない。

弱い人間に見えてしまうため、弱音も言えない。

「自分は男である」という意識があるため、なかなか簡単には弱音を吐けないという男性も少なくない

責任感が強い人ほど、奥様にも付き合っている相手にも、「自分がリーダーシップを取らなければならない立場なのに」という意識があるので、弱音は言いにくいもの

・「負け」を認められない。素直に謝れない。

ケンカしても謝らない男性は多いですよね。男性にとって謝ることは負けを認めることと同じみたい。

男性の場合は、社会的な場面でもこれらを多く経験しますから、不本意でも深々と頭を下げないといけない時、逆にここで頭を下げたら、足元を見られるからできないなど、戦略として使い分けることもあります。それくらい謝るというのは、重要なこと。

自分の非を認めてしまうとこれから先ことあるごとに過去の失敗をひっぱり出して、とがめられるのではないかと一瞬で疑心暗鬼になる

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう