1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【韓国】10時間続けて演説…法案採決に抵抗する野党議員のフィリバスターが凄い

日本では安全保障関連法(戦争法)の採決の際に野党議員がフィリバスターと呼ばれる長時間演説を行った事が記憶に新しいが、韓国でも同様の動きが見られる。朴槿恵政権が推進するテロ対策法案に、野党が反発。野党議員が10時間連続でフィリバスターを行うなど、日本とは比較にならないほど凄い事態となっています。

更新日: 2016年02月25日

shiro05さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
12 お気に入り 19901 view
お気に入り追加

韓国の野党議員のフィリバスター(長時間演説)が話題に

・日本では安全保障関連法(戦争法)の採決の際に野党議員がフィリバスターと呼ばれる長時間演説を行った事が記憶に新しいが、韓国でも同様の動きが見られる。朴槿恵政権が推進するテロ対策法案に、野党が反発。野党議員が10時間連続でフィリバスターを行うなど、日本とは比較にならないほど凄い事態となっています。

23日午後7時5分、国会本会議場で「共に民主党」キム・グァンジン議員を皮切りに、テロ防止法案の採決反対に向けた長時間演説による議事妨害(フィリバスター=牛タン戦術)が始まった。

共に民主党、国民の党、正義党の議員たちが次々と職権上程の不当性を批判し、テロ防止法案の危険性を詳しく指摘した。

・野党3党の議員が、フィリバスターによって法案に反対の意思を示す発言を行っている。

最初の走者には、共に民主党の比例代表キム・グァンジン議員が登場した。23日午後7時07分頃、最初の討論者として壇上に上がった金議員は、真夜中を過ぎた24日午前0時39分まで、5時間32分の間、休まずに発言

24日午前2時30分頃に登場したウン・スミ共に民主党議員は、キム議員が立てた5時間32分の記録を超えた

・ものすごい大記録。

3人目に壇上に立った同党の殷秀美(ウン・スミ)国会議員は24日午前2時半から同日午後0時48分まで演説を行い、韓国国会史上最長の演説時間となった。

・10時間の長丁場の演説!

フィリバスターを中断させるには表決により在籍議員5分の3以上(176人)が賛成しなければならない。セヌリ党の議席はこの数には及ばない

・与党・セヌリ党は、野党が自発的にフィリバスターを中断するまで待たなければならない。

フィリバスターが行われる間、セヌリ党議員らは本会議場を退席し、国会ロトゥンダホールで「テロ防止法処理は国民の要求だ」、「国民の安全を無視する野党は覚醒せよ」、「野党の国会立法麻痺事態は国家非常事態を招く」と書かれたプラカードを持ってスローガンを叫んだ。

「一緒に民主党」李春錫(イ・チュンソク)院内首席副代表は「無期限フィリバスターを行う」としながら「3日かかるか5日かかるかまだ分からない」とした。

・野党は数日間を掛けてでも、フィリバスターを続行する構えだ。

今回は朴政権が提示した「テロ防止法案」が問題となっている

政府・与党が進めている「テロ防止法」は、2001年9月11日にアメリカの同時多発テロをきっかけに国会に提出されて以来、法案の発議と廃棄が繰り返されています。

・これまで何回も法案の提出と廃案が繰り返されてきた。

「テロ防止法」を巡る激しい論議が繰り広げられています。これは疑わしき人物の情報を令状なしに国家機関が確報できる権限を与える内容が含まれている

「テロとは全く関係のない反核活動家までをテロ危険人物と見ている状況で、国家情報院の恣意的な判断が一般市民に向かわないとどうして確信できるか」

・実際に、テロとは関係の無い、日本の反核活動家が以前に韓国入国を拒否された事例もあったという。

ところで「フィリバスター」とは?

議会で,長時間の演説や動議の提出など,認められた手段により議事の進行を妨げること。

多数党の独走を防ぐための少数党による合法的議事進行妨害行為。無制限討論方式で発言を続けて案件の表決を阻む。

・日本の安倍政権の強行採決の際にも話題となった。

金大中元大統領は、同僚議員のキム・ジュンヨン議員の逮捕同意案の可決を防ぐため、5時間19分間演説して逮捕同意案処理を白紙化させたことがある。

・独裁的な政権運営が行われていた昔の韓国で、国会議員の不当逮捕について批判した金元大統領の演説。この演説時間の記録はギネスにも載ったという。

「金大中(キム・デジュン)元大統領が1964年4月20日、金俊淵(キム・ジュンヨン)議員の逮捕同意案通過を阻むために5時間19分発言したのが最長時間」

日本でも「安保法」の採決の際にフィリバスターが話題となった

日本では党議拘束が厳しく、所属政党に造反することは難しいので、主に野党が与党の法案に反対するときにフィリバスターが行われます。

福山議員は鴻池祥肇委員長の不信任決議案で50分にわたる気迫のフィリバスターを演じ、最後の最後まで法案を廃案にすべく徹底抗戦した。

・「福山がんばれ」が流行語となった事も記憶に新しい。

1 2





shiro05さん



  • 話題の動画をまとめよう