1. まとめトップ
  2. カラダ

原因は筋肉の硬さ?朝起きると背中が痛い理由3つ

原因は腰痛だけじゃないかもしれません。

更新日: 2016年03月14日

hiepitaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
119 お気に入り 32182 view
お気に入り追加

寝起きの「背中の痛さ」の原因って何?

朝起きると背中が猛烈に痛いのほんとテンション下がるわ……

朝起きると背中から腰にかけて強烈に痛い。なんとか起きて体を動かしてるうちに改善する。ベットが合ってないのかなぁ?

主な原因は3つ

背中の筋肉が縮んで硬くなっている

腰回りの筋肉が硬い人は血液循環が悪くなりがち。そうすると朝のゆっくりな循環では十分に血液がいきわたらず痛みが出てしまうことになります。

猫背などによる筋肉疲労の蓄積

パソコンに向かう仕事をしている人は、猫背になりがちです。猫背や不自然な姿勢などによる疲労は、起きている時や椅子に座っている時には自覚できていなくとも、寝ている時に背中が伸びることで解放されることがあります。

まくらやマットレス、布団が合っていない場合。

身体に合わない寝具を使い続けると、背骨が歪み、痛みが出ます。

低反発マットも注意が必要

低反発マットは長期間の利用でへたってしまい、体がおかしな姿勢で沈み込んでしまうことがあります。

内臓疾患などの病気

臓器や背中から離れた臓器の病気や機能低下によって起こる「関連痛」と呼ばれる症状。

脳が " 勘違い " することにより発生する「関連痛」

・腎臓の病気(腎結石、尿路結石など) ⇒ 腰の痛み
・消化不良が原因 ⇒ 腰・背中の痛み
・胃や十二指腸の病気(潰瘍)⇒ みぞおち ( 上腹部 ) の痛み

▼時間が経つと治る理由は?

足の裏へ刺激が加わるとともに、足の筋肉の力が上半身の動きを支えられる様になり、治まる事になります。

つまり、下半身が元気になり正常に。特に夜は足の裏への刺激がなくなり、足の筋肉が働きにくくなるため。

【解決策】背中が痛くならないようにするには?

寝具をかえる

寝具が柔らかすぎや硬過ぎるのも負担がかかります。楽に寝返りができるものを探すと良さそうです。

姿勢を正す

生活から姿勢を意識しましょう。パソコンで長時間猫背姿勢にならないように、たまにストレッチしたりして、体をほぐしましょう。

▼自分でできるマッサージ

【背中の痛みを抑えたい場合】

【要約】~18秒から
数秒間仰向けになり、手をヘソ辺りに乗せて深呼吸。起き上がる時に楽になります。

【毎日のストレッチに】

【要約】
手を後ろで組み、胸を張る感じで少し上に腕を上げます。肩甲骨を内側にするように。
同時に深呼吸5回。

急性期か慢性期かによっても違う

何週間も症状が改善しない、もしくは徐々に悪化している場合や熱があるといった場合はすぐに総合病院で検査を受けるようにしましょう。

ひどい症状でない場合は整骨院や整体院がオススメ

整体や整骨院にいき、マッサージを受けることで筋肉のコリや骨の位置などを修正することができます。

1





まとめについて勉強中です。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう