1. まとめトップ
  2. おもしろ

Googleロボは、人型になっても"いじられキャラ"

これは、Googleロボットが、4本足から2本足に進化するまでの苦難の歴史。

更新日: 2016年02月25日

akashi2さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
38 お気に入り 23060 view
お気に入り追加

二足になっても、いじられキャラのままのロボット…

こいつ、自分で立ち上がるんだぜ…(泣)

こづかれてよろめいても体勢を立て直すことができ、倒れても自力で起き上がることが可能

嫌がらせにも、じっと耐えてめげない。

Googleロボ「アトラス」は、安定感のある二足歩行が可能で、ドアを開けたり、荷物を持ち上げたりといった作業もうまくこなす

箱を持ち上げてははたき落とされ、スティックで何度も突き飛ばされ。しまいに後ろから押されて、顔面ヘッドスライディング

まぁ、性能のすごさをアピールしようとしてるんですけどね。

ホッケーのスティックでAtlasをいじめている人に言いたい。Atlasはお前の顔を永久に覚えてるぞ

4足のときから思ってたけど、2足になると余計に「可哀想」…。

相変わらず向こうはわざと転ばしたりロボットに対しての扱いがひでぇなwww、4足歩行ロボットも蹴飛ばされたりしてたもんな。asimo蹴る人なんていなかったろ。

「自宅にあるロボットを殴る蹴る」と「テスト段階で蹴ってみて無事であることを確かめる」はぜんぜん違うので、そこはご注意。 前者は単なる鬱憤晴らしや八つ当たり。 後者は必要があってやること。こ

とはいえ…

しかし、ロボットって不思議だよね。生きてるみたいに「感じる」んだから。

四脚ロボで、キモい・怖いと言われ…

ネットで人気の猫っぽくしてもみた。

だめだ、やっぱりキモい。

いいとこみせようとしたら怒られ…

安定性を試すためにロボット犬を蹴った。

しかし、これが裏目に。こりないなw

「あの可哀想なロボットたちを蹴るのをやめてくれ。あいつらが何をしたっていうんだ」

アメリカでも、さすがにかわいそうだろ!と批判が飛び出した。

「生き物のように見える物を虐待すれば、生き物に対しても同じ扱いをする公算が大きくなる」 完全にSFの議論だろこれ。 「ロボット犬」でも蹴っちゃダメ? 倫理めぐる議論盛んに cnn.co.jp/tech/35060457.…

おもわぬ深い話に…。

ロボット研究家はロボット蹴ることに批判的ではないのに対してロボットSF作家がロボット蹴るのに感情的になるの、なんかもう…

もちろん、ロボットを愛する日本人も。

例のロボがいじめられているように見えるというの、ロボットは子供に見つかると集団で殴る蹴るまたは投石などの暴行…じゃなくて悪戯を受けるので、ロボットが公共スペースで行動するときは大人の近く通るようにして自衛する、みたいな研究があるのを思い出した

一番怖いのは、人間かもしれないなんて。

挙句の果てにウルサイとなり…

【米海兵隊】
「BigDogはうるさすぎるため、部隊の存在が敵対勢力にバレてしまう恐れがある」

なんかキモいから…と言われなかっただけよかった。

1 2





akashi2さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう