1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

いじめられても立ち上がる…2足歩行ロボット「Atlas」が話題になっている

Google傘下のロボット技術開発企業Boston Dynamicsが二足歩行ロボット「Atlas」の新たな動画を公開した。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年02月25日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
66 お気に入り 39951 view
お気に入り追加

○驚異的な能力を見せつける人型2足歩行ロボット

おかしな犬型ロボットを開発していることで有名な企業、Boston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)。

○次世代モデルを紹介する動画が公開された

この動画の中で、Atlasはドアを開けたり、バランスを保ちながら深い積雪の中を進んだり、10ポンド(4.5kg)の箱を棚に置いたりする。

完全自律で障害物や人間による妨害をものともせず目的を果たす様子は、この二足歩行ロボットが実用域に入ったことを示している。

新型の驚異的な能力を見せつけるような映像をYoutubeで公開しており、その内容が世界中で大きな話題になっているようです。

○「Atlas」についてネットでも話題になっている

アトラスめっちゃスマートになってた。音と動きがツボ

Atlasすげぇw キモい犬ロボットからここまで進化するとは

ボストンダイナミクスのアトラスの映像を遅ればせながら見た。凄いの一言に尽きる。素晴らし過ぎて恐ろしい。

しかし例のAtlasの動画見てると、ASIMOあたりをイベントに出したりして日本のロボット技術万歳みたいなことやってるのえらい恥ずかしくなるな。どっからどう見てもボロ負けやん。

○様々な動作を自然にこなす

今回公開したのは、Atlas(アトラス)という2足歩行する人型ロボットの次世代モデルを紹介する動画。

次世代モデルの「Atlas」には電動と油圧のハイブリット機となっており、旧モデルたちと比べて騒音も控えめ。

荷物を持ちあげて棚に置く作業も鮮やかにこなし、ふるまいは人間くさいとさえいえる自然さだ。

○ロボットが人間にいじめられる姿が話題に

人間型ロボット「Atlas(アトラス)」を後ろから突き飛ばしたり、雪の屋外を長距離移動させたりしているのだ。

背中から太くて大きな棒で突き飛ばされた「Atlas」は激しい音を立てながら転倒してしまいます。

もちろん、このような危害を加えるのは、Atlasが現実世界のそうした障害物にどれだけ簡単に順応し、立ち直ることができるのかを示すためだ。

○「Atlas」はいじめられても立ち上がる

ホッケースティックを装備した人間の妨害を受けながらも運搬したり、人間に棒で後ろから突き倒された状態から立ち上がったり、自分でドアを開けて出て行く姿が披露されている。

ホッケースティックを持った人間に箱を叩き落とされたり突き放されたりしながらもちゃんと復帰して作業を継続する場面も。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう