1. まとめトップ
  2. 雑学

どうしても選べないときに、自分の本音を知る方法

ホントに選びたい方はわかってるんですね。。。

更新日: 2016年02月29日

ikelongonさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
814 お気に入り 163798 view
お気に入り追加

コイントスで決めてみる

二者択一で迷ったら、コイントスしてみよう

コイントスの出た結果は、絶対に選ばないといけないと決めて。

コインが宙を舞っている一瞬に、自分がどちらを望んでいるか気づかせてくれる

こっちが出たら、なんかイヤだ!と強く思うはず。

集団で何かを決める時、誰もがデメリットの責任を負いたくない状況で、決断が遅れている時。誰にも責任を負わせずに即決できる

どちらでもいいから即決した方がよい場合が多かったりする。

親友の家に泊まってみる

修学旅行だと好きな人を言ってしまうのは、普段つきあいがない同士で暗い部屋に寝そべってたから。

誰かの本音を引き出したいなら、相手を寝そべらせて、完全に寛いでもらった方がいい

認知・発見、思考・判断能力などの人間の活動能力全てが「夕方の時間帯」に著しく低下する

選べないときは、助言もいらないし、共感もいらない。気も使わなくていい。ただ話を受け止めてほしいだけ

思わず本音を話してしまうのは、ホントはこうしたいってわかってほしいからなんですよね。

怖いと感じる方を、すぐできることにしてやってみる

Photo by Image Source / DigitalVision

人に話しかけるのが怖いなら、めっちゃ人と話したいと思ってる。

現実を動かしたかったら、怖いことを選ぶ

ほんとはやりたいことだけど怖いのは、目標が大きすぎるから。

初めは小さなことから始めないといけません。小さな目標を設定して、それを達成することを繰り返すわけです

怖いことを刻んで、怖くないレベルまで小さく小さくする。

不安に思うこと、心配していることが現実になる可能性はたった8%しかない

最後は運に任せて、カンで選ぶ

どっちか選べなくなった時点で、もうどっちでもいいのかもしれません。

多くの品ぞろえは人を引き付けるが、いざ「選択」という時に、迷って決められない状況も作ります

選択肢のメリット、デメリットを知るのは大事だけど…。

さらに人は「やらなかったこと」を最も後悔します

どっちにしろ後悔することに。

現実を直視した時、本当に良い選択とは、限られた選択肢であったり、他人に任せたりすることかもしれないのです

決断までの締め切り時間を決めるのもいいかも。

「こっちを選んで後悔するなら仕方がない」というところまで思い詰めたら最高

結局ダメなら、パッとあきらめるしかないんだから。

そんなの知るかみたいな選択肢でえいやと選ぶしかないみたいな理不尽なクイズ見たい。

そんなの知るか!は、大事かも。

1





ikelongonさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう