1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

意識失っていた可能性も‥大阪・梅田の暴走事故で徐々にわかってきた内容とは?

25日午後0時半ごろ、大阪・梅田の国道交差点で乗用車が歩道に突っ込む事故が発生しました。この事故で歩行者の男性1人と、運転者で会社経営大橋篤さんの死亡が確認されたようです。

更新日: 2016年02月26日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
22 お気に入り 127454 view
お気に入り追加

●大阪・梅田で、乗用車が歩道に突っ込み2人が死亡した事故

2016年2月25日午後0時半ごろ、大阪市北区芝田の国道交差点で乗用車が歩道に突っ込む事故が発生

11人が病院に搬送され、歩行者の男性1人と、運転者の会社経営大橋篤さん(51)=奈良市学園大和町=の死亡が確認された。

・現場は、新阪急ホテルや家電量販店がある繁華街の交差点

現場は新阪急ホテルや家電量販店「ヨドバシカメラマルチメディア梅田店」などが立ち並ぶ繁華街の交差点。

現場周辺には頭から血を流すなどした人が複数倒れ、ほかの通行人が「大丈夫ですか」などと必死に呼び掛けた。

●ネットでは、現場の様子が報告されていた

・当時の事故状況

警察によると西側から東に進んできた黒色の乗用車が交差点に進入したあと歩道に乗り上げた。

乗用車はホテルの看板と花壇付近にぶつかって止まったとみられ、前がへこんでいた。車の前方には男性が挟まれ、倒れていた。

複数の目撃者によると、車はスピードを落とさずに走行。事故の衝撃音がするまでの間、ブレーキをかけたような音は聞こえなかった。

・乗用車はフロントガラスが大きく壊れ、エアバッグが作動した状態

フロントガラスが大きく壊れ、右側の前方部分が大きく破損しています。

このほかにも、車体はところどころ、へこんだり、傷が入ったりしているほか、前の座席はエアバッグが作動した状態になっています。

●運転していた男性に新たにわかってきたこととは?

・事故当時、信号が赤だったとみられている

捜査関係者や複数の目撃者の話によると、当時、車側の信号は赤だったとみられる。

交差点の手前の直線道路では、この車が複数回、道路脇のガードレールに接触した形跡もあったという。

1 2 3





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう