1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

UFOの正体も判明…!?CIAの機密資料が話題に(;´Д`)

コレ結構すごい内容だよ。。

更新日: 2016年02月27日

163 お気に入り 209727 view
お気に入り追加

アメリカのCIAが、国家機密を公表…!!

Photo by Photodisc / Photodisc

オカルト好きには激アツ…( ゚Д゚)!

CIAは、「宇宙人を保護している」、「地球外知的生命体の証拠を隠蔽している」などとしてよく非難されるが、今回サイトに1978年の調査のアーカイブを掲載した。

公表された文書の数は数百に上り、1940~50年代にかけて複数の未確認飛行物体が報告された件について調査したもの。

マジで最高機密だったものばかり…!

CIAは1950年代初めまで、UFOについて安全保障上の脅威と考えていたが、ほとんどの高官は、地球外からの飛来物体ではなく、旧ソビエトの新兵器の可能性があるとみていた。

ソビエトの兵器…?(゚⊿゚)あれ?

1952年10月5日付の空飛ぶ円盤に関する調査報告書

地球外生命体の存在を信じる人は、ドイツで52年、空飛ぶ円盤が見つかったとする件を調べてみるのがいいかもしれない。

宇宙人の乗り物であることを否定する調査結果から、肯定できなくもなさそうな説明不可能の超常現象と結論づけたものまで含まれている。

1952年、東ドイツの事例における”巨大なフライパン”の調査に関する文書

文書にはひたすら目撃情報だけが記され、分析や信憑性への言及はないが描写は詳細で迫真性がある。

「空飛ぶ円盤」や「光る球体」については、軍用機や氷の結晶に反射した光などにより説明できるとしている。

この写真の説明は一切ないらしい…

CIAの極秘文章はアメリカのマスコミでももちろん放送されたんですけども、日本ではほんの小さな囲み記事でだしたらいいほうで、そういうことをまったく言っていない。だから日本の方々は「UFOって本当にいるのかな」とかね「宇宙人って本当にいるのかな」って、いまだにその状態でいるわけです。

CIAの隠していた文章は本当にビックリするような文章が沢山ありましてそれも軍関係です。軍が本当に真剣にUFOの存在を驚異に思っていまして、たとえば基地にUFOが着陸しているなんてことが書いてある文章がCIAからではないんですけどもでてきました。

実は、機密をちょっとずつ公開してるCIA

1978年末、CIAはUFOに関する文書の存在を認め、原告にUFOに関する文書900ページ以上を渡すことを余儀なくされた。

米西部ネバダ州にUFOを研究する区域として注目されていた「エリア51」の存在を公式に認め、その際、「1950~60年代に目撃されたUFOの大半はCIAの偵察機U2である」と説明

CIAかよ。。

まったくをもって、夢を奪うような機密解除です(笑) エイリアンやUFOに関する報告書、米CIAが機密解除 cnn.co.jp/fringe/3507710…

エイリアンやUFOに関する報告書、米CIAが機密解除 cnn.co.jp/fringe/3507710… // こんな冗談みたいな機密の公式文書が存在して、一定の年月経つと公開されるのがイイね。日本は、未来に検証できるように機密解除することがあるのか?そもそもありませんというオチか。

実際、UFOは開発されてたという

米国の国立公文書記録管理局は最近、米空軍が1950年代に進めていた超音速の空飛ぶ円盤建造プロジェクト「Project 1794」に関する概略図と詳細を公開した。

UFOはほぼ存在していた。そしてそれは宇宙人によるものではなく、米軍の手によるものだったのだ。

なんと。。

計画が最後まで進めば、地球の成層圏を時速約4,200kmの最高スピードで飛び回ることができる円盤が作られていたという

マジか…!

到達高度は30km付近どころか、よくて1~2mでしかなかった。結局、軍は1960年にこのプロジェクトを中止した。

だからと言って、宇宙人がいないとは限らない…けど…!

1





ごるばちょKOさん



  • 話題の動画をまとめよう