1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

1日1冊も可能!?本を読むスピードをあげるテク

面白くなかったら次の本。面白かったらもう一回読めばいい!

更新日: 2016年02月29日

smbmoonさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
902 お気に入り 119997 view
お気に入り追加

少しでも多くの本を読みたい!って人へ

読書の本当の価値は、書かれていることの「100%を写しとる」ことではなく、価値を感じられるような「1%に出会う」ことにある

本を読むのが遅すぎて、困ってるんだけど。本をいかに短時間に多く読めるかが大事だと思うから、苫米地氏の速読の本読んでみようかな。

読む意欲がわく本とは、例外なく「この著者は自分に向けてこの本を書いてくれている」という感覚を持てる本

自分が尊敬する成功者の「お気に入り本」をGoogleで調べてみる。尊敬できる人に何を読んでいるかたずねる。自分の興味に従う。

好きな人の著書という手もアリ!

「本を速く読むために読む」って視点からはそもそもどの本を選ぶのかという視点が欠けるので結局時間の浪費に繋がる。どれだけ問題意識が解消されたか、または新しい問題意識が作れたかが重要で、どれくらいの速さで何冊読んだかなんて重要じゃない。

読むときに、時間制限をかけてみる

定期的な休憩を取らないと、読み続けるモチベーションが消えてしまう、つまり読み終えることができなくなります。

ポイントは、いつも集中しなくてOK!

じっくり読むときの「基本モード」1.5倍速の「中速モード」、2倍速の「高速モード」というように、自分が読み易いペースをいくつか用意しておき、本によって使い分けていく

読んでいてつまらない箇所は、「自分が読むにはまだ早すぎた」と考えて、容赦なく読み飛ばしましょう。

実は、読書に時間がかかってる原因がコレ。。

目で追い、頭のなかで読み上げ、耳で聞いて(いるように)理解する、という行為

サブボーカリゼーションを最小限に抑えることで、文章を読む速度は2倍にも3倍にも速くなる可能性があります。

速く読めるようになる秘訣としては、黙読しているときに唇が動かないように心がけることが大事です。

速く読みたい時でも聞きたくないのに聞こえるんだよなぁ。ぼやんと 笑 結局速読出来ないというだけのことだけど。 / 本を読むときに頭の中で「声」が聞こえる人と聞こえない人がいることが判明 npx.me/yP57/bp11 #NewsPicks

いつも聞こえる派は読むの遅そう。技術として脳内で音声を再生しない読み方は身につけておいた方がいいよ。全然読むスピード違うから。いつも速く読めばいいってわけでもないから、両方できたほうがいい。 / “本を読むときに頭の中で「声」が…” htn.to/BovyZx

似たような原因として、こんなのも。。

文章を読むスピードを大幅に低下させる要因としてよく知られたものに、単語を別々に読むという行為があります。

読書スピードの速い方に対して遅い方は、同じ文章を読むのに、より多く視線を止めながら読んでいる。

1 2





smbmoonさん



  • 話題の動画をまとめよう