1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

【決定版】上達した人たちに共通してる、英語勉強法

あとはやるだけ。

更新日: 2016年02月28日

5630 お気に入り 326460 view
お気に入り追加

【インプット】単語・文法の勉強法

①章別にコツコツ、ではなく一気に最後まで
②意味がわかった単語はもうOK
③全部わかるまで繰り返す

参考リンク:
http://cheap-delicious.hatenablog.com/entry/2015/11/08/182815

http://www.netpossib.com/entry/2015/11/27/174245

意味を隠しながら読んでいき、意味が分かった単語を蛍光ペンで塗る。ポイントは、「単元毎に区切らずに一気に読み切ること」

マーク・ザッカーバーグ「Done is better than perfect.」(完璧を目指すよりまず終わらせろ)

出典mysuki.jp

ネイティブの頭の中に、できるだけ近づけるための取り組み。

例えばAppleだった場合、「りんご」と覚えるのではなく「りんごを想像」しながら音と結びつけるのです。

【理由】人の脳は文字列よりも映像の方が記憶として残りやすいと言われています。

また、発音記号は最初に頑張って覚えるべき。
読みがわかれば覚えるのも早くなるし、さらに正確な発音が出来れば会話をする際にも困らない。

地味にめんどくさいが、単語を暗記する速度が段違いに速くなり、いきなりネイティブっぽい発音で音読出来たりする

英語の文法というのは、知識よりも語順に慣れることの方がよっぽど重要

読むだけで分かるレベルの物もあるが、問題集などを解いていってパターン的に覚える

リスニングの勉強法

普段の生活の中でも使える”ながら学習”を取り入れていくことで、英語に触れる頻度を増やしていく

日本語と英語では、周波数が違うので、そもそも聞き取りづらいらしい。

日本語と英語では音の周波数が違い、日本語は1500ヘルツ以下なのに対し、英語は2000ヘルツ以上

そのため日本人は、語尾の子音が聞きとれない、「L」と「R」など音のちがいがわからないことが多い

英語話者は抑揚を取っ掛かりにして会話をしている

メールでは通じるのに、口頭ではアクセントが無い(一定の強さで発音している)せいでネイティブに通じなかったという方も。

ネイティブがナチュラルスピードでペラペラと流暢に話すときには、単に叩きのリズムの間隔を狭めているだけ

英語の音声を聴きながら、直後に追いかけるように発音すること

CD: I went to school with my friend.
   自分: I went to school with my friend.
と言った形。

似たことは海外ドラマなんかでも可能。

①まず最初は日本語字幕で観る
②ストーリーを覚えたら英語字幕で観る
③セリフをある程度覚えたら登場人物に重ねてセリフを口に出してみる
④最終的に英語字幕なしで観て理解できるかチェックする

成功した人の感想「1日だいたい4話分くらいみていたのですが、これを1ヶ月ほど繰り返したら、知り合いのカナダ人と普通に日常会話が出来るようになっててすごく感動した」

ちなみに、ある程度人気のドラマであれば、ネット上にトランスクリプトというドラマの台本が掲載されているそうなので、それがあれば更にやりやすそう。

スピーキング勉強法

強調するときには口をよく動かして音を長めに、強調しない所では口をあまり動かさずに音を短めにする、これが綺麗に英語を話すコツ

1 2





kimi-ha-karamuruさん

お役立ち系のまとめを週3ペースくらいで作れたらなーって感じです。よろしくです。



  • 話題の動画をまとめよう