1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

買ったのに無効!転売チケットの対策に賛否両論!

転売チケットが後を絶ちません。しかし運営側も黙ってはいません!転売チケットの対応

更新日: 2016年03月01日

canty0628さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
37 お気に入り 168637 view
お気に入り追加

チケットの転売が最近問題になっているようで・・・

購入したチケットを、定価以上の値段を付けて売る人が後を絶たない

泣く泣く諦めるしかない状況でインターネットのオークションサイトを見てみると、すでに売切れのはずのチケットが山の様に出品されています。

ヤフオクに出てないと思ったら別のとこにチケットめっちゃ出てますね… 明らかに転売のために買ったと思われる人もいっぱいいて胸糞

転売はネットオークションやSNS等で日常的に行われております。

どうしても行きたいライブのチケットは転売チケットでも買いたいと思ってしまうのが人間・・・

エンタメ業界と転売屋の攻防戦は近年、白熱化しているが、それでも横行が止まらないのが実状。

よくライブ会場で見かける、いわゆる「ダフ屋」はイイの?

ほとんどの都道府県で条例によって禁止されています。
・転売目的でチケット類を公衆に対して発売する場所において購入すること。
・公衆の場で、チケット類を他者に転売すること。

上記の2つが禁止です

「ダフ屋」行為は法でほぼ禁止されています。といっても法律ではなく、各都道府県が制定する条例。

「無い人売るよ、余ってる人買うよ」と言っている男性がいました。これはどう見ても転売目的です。

ダフ屋って、毎月どれくらい稼ぐんだろうか。やっぱり、あれって副業だよね。

最近、ダフ屋より増えているのはオークションでのチケットの転売!

ネットの売買はダフ屋と判断されない場合がほとんど!

ネットオークションそれ自体が「ダフ屋」行為とみなされて、摘発されたという事例は確認されていないようです。

そもそも、行くつもりだったチケットなら転売でも問題ない

行くつもりで買ったチケットを転売することは営利目的ではないとされ、条例違反にはあたらない。

法律では「初めから転売目的で購入」し「転売」することが禁止されています。つまりは「初めは行く気であったら」「定価以上の値段」でも「違法ではない」のです。

線引きが難しく、転売目的のチケットが紛れ込んでいる

ネットオークションを利用する「ダフ屋」行為を行うのは、一般市民であることがほとんどであり、「シロダフ」などと呼ばれているようです。

インターネットオークションで不要なチケット類を出品する場合は、ダフ屋行為と見なされない場合が多いが、多数出品した場合、あるいは購入価格より高額で出品した場合はダフ屋行為とみなされる場合がある。

多くのオークションはチケットの定価よりも高額での取引になってしまうため、結果的に「営利目的の転売」とみなされてしまい、主催者判断でそのチケットが無効になる可能性もあります。

購入するがさらさらないので高額転売チケット目障りやな~くらいにしか思ってなかったけど、差額合計200億円とか言われると腹立ってくるなw

オークションサイトの対策はあるのか?

ヤフオク!では、いらないものを売り、買いたい人が買うための場を提供しているだけで、個々の取引には介入できません。

出典チケット転売の闇 無料券が25万円でネット取引!

1 2 3





canty0628さん

気になることを「上質」なまとめとして発信していきます!似たまとめがあったとしても、他より「分かりやすく」「オリジナル」がモットーです。



  • 話題の動画をまとめよう