1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

途中退席者まで!?2016年の邦画はR指定の衝撃作が続きそう

今年公開の邦画は問題作・衝撃作がもりだくさん!!

更新日: 2016年03月02日

rarako7さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2004 お気に入り 1322236 view
お気に入り追加

◇森田剛が快楽殺人鬼で映画初主演!

【ストーリー】
「なにも起こらない日々」に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働く岡田(濱田岳)は、同僚の安藤から、想いを寄せるユカ(佐津川愛美)との恋のキューピッド役を頼まれてカフェに向かうと、そこで高校時代の同級生・森田正一(森田)と出会う。
ユカから、森田にストーキングされていると知らされた岡田は、高校時代に過酷ないじめを受けていた森田に対して、不穏な気持ちを抱くが…。

「ヒメアノ~ル」は、「ヒミズ」の古谷実による同名マンガを、「さんかく」の吉田恵輔が実写化した作品。

ムロツヨシ、濱田岳、佐津川愛美

森田剛が人を“ターゲット=餌”としか思わない狂気の殺人鬼に扮し、岡田を濱田岳が、ユカを佐津川愛美が、岡田の同僚・安藤をムロツヨシが演じている。

・試写会では途中退席者も出る問題作

あまりに過激な内容から実写化不可能ともいわれ、さらには森田剛が凶悪な連続殺人犯を演じることでも話題となっていた本作

関係者のみでの試写会では途中退席者出るほどで、もちろんR15指定であり15歳未満は鑑賞できない、ある意味「問題作」

ヒメアノールめちゃくそやべえな……森田さんの狂気的な感じたまらなく好きです…崇めたくなるな…

◇絶対に読んではいけない漫画の衝撃の実写化・・

【ストーリー】
美人局で仲間達と一緒に金稼ぎをしていた倉神竜夫は、ある日ヤクザを引っ掛けてしまったことから、転がるように闇へと堕ちていき、"回収屋"の"ドラ"として、禁断の世界へ足を踏み入れることになるが......。

「血とゲロにまみれてるのに爽やか」という一見矛盾した表現が、この作品の魅力を的確に表しているのでは。

・原作は“絶対に読んではいけない”と称される問題作

、他者に受けた屈辱などをありとあらゆる方法を用いて昇華させる“回収屋”の世界の描写を通じて、現代社会の暗部を強烈に切り取り、身近に潜む闇を炙り出す異色の作品。

シマウマ映画化 って今知ったよ。。。 絶対見に行く。 5/21

シマウマって映画になるんだね。 あれって結構グロいよね??

◇世界中にファンを持つカルト漫画の禁断の実写化

【ストーリー】
母を病気で亡くし孤児となった少女みどりと、彼女が拾われた先のサーカス団の団員たちと繰り広げる物語が描かれる。

※こちらは今のところR指定ではないようです。

世界中にファンを持つカルト漫画「少女椿」が、モデルでタレントの中村里砂主演で映画化、5月下旬から公開される

1 2





rarako7さん



  • 話題の動画をまとめよう