1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

あらっ!ミルクティーが美味しくなった♡ミルクで違うみたい…

いつも飲んでるミルクティーがもっと美味しくなるなら…。これってミルクで違うみたいですよ。試してみてね。

更新日: 2016年04月03日

pinkswan999さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
210 お気に入り 61388 view
お気に入り追加

ミルクティー飲みたい。牛乳いっぱい入ってるやつ。 でも牛乳ない…

美味しいミルクティーが飲みたい…

ミルクティー美味しい。ほぼ毎日ミルクティー飲んでる。

大人も子供も大好きなミルクティーですが、同じ紅茶でもミルクと合うものとそうでないものがあります。

美味しくなる淹れ方は…。やってみてね。

いつも飲んでるミルクティー…。ポーションミルクはだめ!

お店でミルクティーを頼むと、紅茶とポーションミルク(コーヒーミルク)が良く出てきますよね。でもあれは珈琲用に開発された物で、紅茶にはまったく合いません。

せっかくミルクティーを入れるなら、おいしくなる組み合わせで飲みたいですよね。

コーヒー用だから紅茶には合いません。

牛乳にも種類があるよ…普通の牛乳は高温殺菌です

一口に牛乳と言っても、脂肪分の濃さや殺菌方法の違いによりさまざまな種類があり、味や香りにも違いがあります。

日本で最も多く流通しているのは超高温殺菌牛乳で、全体のおよそ90%に当たります。

通常スーパーで売られている牛乳は高温殺菌で、100度で2秒ほどの殺菌がなされています。殺菌される時のこげが牛乳に残り、紅茶に入れるとお茶の味を阻害してしまいます。

今普通に流通している牛乳は高温殺菌牛乳です。これはUHT滅菌の均質ミルクといわれる高圧をかけて120度から130度の熱を1~3秒かけたものです。

殺菌方法の違いで味も変わるみたい。

美味しいミルクティーにするなら低温殺菌の牛乳がいいみたい。

ミルクティーを入れるときの牛乳は低温殺菌のものが良いそうなのですがなぜなのでしょうか?

低温殺菌牛乳はタンパク質の変性が多くないため、牛乳本来の味に近いと考えられています。

低温殺菌のほうが、ミルクの臭みがでていないので、ミルクのクリーミーさと牛乳がうまく調和されていて、美味しいミルクティーになっています。

殺菌法によって、牛乳自体の香りに変化が出るため、紅茶の風味を損なってしまう牛乳と、損なわない牛乳があるからです

生乳に近いさっぱりとした、味と香りを楽しめるそうです。

ミルクティーの本場、イギリスでは低温殺菌が普通らしい。

ミルクティーをたくさん飲むイギリスでは、低温殺菌牛乳が多く消費されており、また、様々な用途に応じて、2~3種類の牛乳を使い分けることも珍しくないといいます。

イギリスでは実に美味しいミルクティーになる。向こうでは、ミルクといえばほぼ低温殺菌牛乳。

イギリスは低温殺菌牛乳が主流。

味は?サッパリで美味しくなるよ!

サッパリした口当たりでもなめらかなミルクティーになります。

「低温殺菌」牛乳でつくったミルクティーは、普段から飲みなれているコクのある「高温殺菌」牛乳に比べてさっぱりした感じでした。

見た目はまったく同じだけれど、低温殺菌牛乳のほうが「よりクリーミーで生クリームのような味わいがあり、ほのかな甘みがある」のだそう。

牛乳を変えて飲んでみてね!美味しくなるよ。

1 2





pinkswan999さん

ストリートファッション&アレンジを中心に紹介しています♪素敵なアクセサリーやファッションアイテムもすこしづつですがアップしますね♪。お気に入り登録していだければ、励みになります。よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう