1. まとめトップ
  2. カラダ

寒い日にやりがちなことが寿命を縮めてたかも

対策を知って取り入れたいですね

更新日: 2016年02月29日

リットンさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
105 お気に入り 146392 view
お気に入り追加

「寒くても気合で起きる」はダメ…?

寒い朝、なかなか布団から出られず「気合を入れて勢いよく起き上がる」ということをしてはいないでしょうか?

実は、この行動「医学的にNG」。最悪の場合「脳卒中」を引き起こす危険もあるといいます。

冬の朝は血管が狭くなっている状態、がばっと起きると血圧が急上昇し、血管に負担がかかり脳卒中を起こす危険性があります。

「寒い夜中トイレに行く」のも×

特に夜、温まった布団の中から寒いトイレに行って力むときが最も危ないと言われています。

血管が縮むと血圧が上がります。血液の圧力が心臓や脳を直撃するわけです。高齢になり血管が弱くなっていると破裂してまうことも。

とくにお年寄りや高脂血症の人のいる家庭では、冬場、脱衣所やトイレの暖房対策をたてることをおすすめします。

「お酒を飲んでから寝る」も危ない

冬は寒いので「脱水症状になんてならないし、大丈夫!」なんて油断しがちですが、水分をとらないと危険なことになってしまうかも?

飲酒で温まったつもりでも、寝ている間に体温が奪われ、脱水になり、朝には身体が冷えている事もあります。

お酒を飲んでそのまま寝てしまい、脱水から脳梗塞を起こすこともあり、若い方でも大変危険です。

あったかいお風呂に入る前も要注意

特に気をつけたいのは冬のお風呂。ヒートショックという言葉、聞いたことありますか?

暖かい部屋から寒い廊下などに行くと「ゾクゾクッ」っと震えることがありませんか?この状態も「ヒートショック」なのです。

急激な温度変化により、血圧が大きく変動することで、失神や心筋梗塞、脳梗塞などを起こすことがあります。

浴室暖房機がないお宅では、熱めのシャワーを高い位置からバスタブに向けて給湯すると、浴室内が蒸気に包まれて暖まります。

寒い時は我慢せずこんな工夫で温めておくといいそうです◎

1





リットンさん

楽しくまとめていきたいです

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう