1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

一生効く…!?万能すぎる「インフルワクチン」が誕生してる

早く実用化されるといいですね

更新日: 2016年02月29日

垢丸さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
76 お気に入り 36699 view
お気に入り追加

すぐ量産!タバコの葉から新型ワクチン

田辺三菱製薬はタバコの葉を使ってつくるインフルエンザワクチンを2018~19年度にも実用化

【1ヶ月で出来るように】
鶏卵でウイルスを培養する従来方法で半年かかる製造期間を1カ月に短縮する

これで流行の型が変わるインフルエンザにも素早く対応できる

【感染リスク減少】
ウイルスを使わないため、投与時の感染リスクも抑えられるとみている

安く作れる!沖縄が世界初のワクチン開発

沖縄・名護市の研究所で新型インフルについて、カイコを使った量産体制の開発に世界で初めて成功した

インドネシアではすでに2年後にも実用化をめざしていて、ヨーロッパやアメリカでも実用化に向けて動き出しています

次世代ワクチンは鼻に打つ!?

現在、インフル感染自体の予防と変異ウイルスにも対応できる、経鼻(けいび)ワクチンの開発が進んでいる

【やり方は・・・】
鼻の粘膜にワクチンを噴霧することで感染を予防する

【子供や高齢者にも効く】
経鼻不活化インフルワクチンは,生ワクチンの適応とならない乳児や高齢者においても有用性が期待される

【子どもが怖がらない】
注射ではないので、子どもたちが全然怖がらないし痛がらない

【一方、デメリットも・・・】
生きているウイルスを使う生ワクチンなので、鼻水や微熱などのような症状が副反応として現れる可能性がある

世界からは万能すぎるワクチンが次々と

昨年8月に発表された論文によると、鳥や哺乳類などの保菌動物からまだ出現していないものを含む全てのインフルウイルスから保護される可能性がある

昨年5月、オーストラリアの研究者らが、強力な免疫細胞を使ってあらゆるタイプのインフルエンザに対応するワクチンを開発できるとの論文を発表

1





垢丸さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう