1. まとめトップ
  2. カラダ

小顔は憧れ…でも、間違ったケアが顎関節症に繋がってしまうかも!

女性の憧れと言えば、やっぱり小顔美人。そのために色々なグッズを使って日々、小顔になる努力をする女性も多いですよね。でもその小顔のケア方法が間違っていると顎関節症になってしまうことも…。女性に多い顎関節症についてをまとめてみました。

更新日: 2016年08月06日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
245 お気に入り 214997 view
お気に入り追加

▼小顔…それは女性の憧れ。

顔は大きいよりも小さい方がいい。。。

▼小顔になりたい、小顔になりたい、小顔になりたい…。

昨日の写真見返してたら自分の顔がでかすぎて丸すぎてつらい今すぐ小顔になりたい

▼だから、色々頑張ってしまう。

マッサージにツボ押し、小顔ローラーにベルトなど、何かしら小顔グッズって自宅にありませんか?

小顔になれれば、ファッションだってもっと楽しめるし、髪型や帽子やマスクで顔を隠さなくて済むし、友達と一緒にプリクラを撮るのも抵抗がなくなるし、自分に自信を持てるようになる

▼でもそのお手入れ方法が原因で「顎関節症」になってしまうかも。。。

小顔グッズは使用方法を間違えたり過剰なお手入れを行ったりしていると顎関節症を引き起こす恐れがあるのをご存じですか?

「顎関節症」は、若い女性に増えている病気で、
最近は小中学生にまで低年齢化しています。

▼「顎関節」って何?「顎関節症」ってどんなの?症状は?

顎関節は、下顎を動かすための関節で、耳のすぐ前にあり、頭の骨のくぼみ(側頭骨:下顎窩)と下顎の丸い突起(下顎骨:下顎頭) からなっています。

顎関節は頭蓋骨と関節をなしているため、顎関節のゆがみが噛む力によって、頭蓋骨に伝達されて、頭蓋骨までゆがませてしまう

あごが鳴る、口が大きく開かない、あごが痛む・・・は顎関節症(がくかんせつしょう)の三大症状。

顎関節症は、顎の関節や顎を動かす咀嚼筋に異常が起こり、「あごが痛い」、「口が開きにくい」、「音がする」、あるいは「ものが咬みにくい」といった症状が現れる病気です

顎関節症が原因で肩こりや頭痛・食欲不振など
全身の症状も出てくる場合も少なくありません。

▼小顔ローラーやリフトアップベルトは、使用方法をしっかり確認!

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう