1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

大事な初戦でまさかの黒星…どうした「なでしこ」?

五輪出場をかけた「なでしこジャパン」の戦いは、オーストラリアを相手にまさかの黒星スタート…どうしたなでしこ?

更新日: 2016年03月01日

manuronaldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 19697 view
お気に入り追加

五輪出場をかけたなでしこジャパンの戦いが始まった

リオデジャネイロ・オリンピック 女子サッカー アジア最終予選は2月29日から3月9日にかけて大阪府で開催。

日本、北朝鮮、オーストラリア、中国、韓国、ベトナムの計6チームが参加し、総当たりのリーグ方式で、上位2カ国が出場権を得る。

初戦の相手はオーストラリア

先発は、GK山根恵里奈、DF岩清水梓、DF鮫島彩、DF有吉佐織、DF熊谷紗希、MF宮間あや、MF川澄奈穂美、MF阪口夢穂、MF中島依美、FW大野忍、FW大儀見優季


先発のうち準優勝した昨夏のW杯メンバーが10人
5年前に世界一となったW杯メンバーは8人

なでしこを長く支えているメンバーが多く先発した

なでしこは立ち上がりから積極的に攻める

ところが先制したのはオーストラリアだった

前半25分、右サイドからゴリーが右足でクロス。このボールにエリア内中央で合わせたデバナがヘディングでゴール。

不運な形でオーストラリアに追加点

前半40分にはMF阪口の横パスが主審に当たって相手への絶妙なパスに。

これを拾ったデバナがDFラインの裏にスルーパス。抜け出したヘイマンがGKをかわしてゴールを決め追加点を挙げた。

それでも前半アディショナルタイムに大儀見が”反撃の一発”

前半アディショナルタイム2分、有吉の折り返しに阪口がダイレクトシュート。これに大儀見が反応し押し込んだ。

後半は逆転を狙うなでしこが猛攻

後半33分、右サイドのバンエグモンドがクロス。これをゴーリーが頭で合わせ決定的な3点目。

このゴールで万事休す。なでしこは重要な初戦に1-3で敗れた

オーストラリアには国内戦で初めての敗戦を喫し、これで2枠しかない出場枠確保に早くも”黄信号”が灯った。

なでしこ負けたかー。 オーストラリアのレフェリーのアシスト付き2点目が痛かったな。 まあ、今日はディフェンスがひどかった。特にGK山根はテクニック的にきついものがあるわ

なでしこジャパン負けたか、しかも2点差。これは痛い。 最後の最後に得失点差で敗退ってな事は見たくないな。

■なでしこに一体何が…?

・前々から危惧されている「選手と戦術のマンネリ化」

1 2





manuronaldさん

自分が気になったことをまとめていきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう