1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

やはりネットは炎上…認知症のJR事故逆転判決

認知症のJR事故でJR側が逆転敗訴したニュース。今後認知症を抱える家族が増えることが予想される中での最高裁の判決に、ネットでも反響を呼んでいます。

更新日: 2016年03月01日

52 お気に入り 260874 view
お気に入り追加

■認知症のJR事故、最高裁が逆転判決

愛知県で91歳の認知症の男性が電車にはねられて死亡した事故

最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は1日、妻に約360万円の支払いを命じた二審判決を破棄し、家族の賠償責任を認めない判決を言い渡した。

最高裁判所は「家族に監督の義務があるかどうかは生活状況などを総合的に考慮すべきだ」として今回のケースでは監督する義務はなかったと判断

■事件の詳細

平成19年、愛知県大府市のJR共和駅の構内で認知症の91歳の男性が電車にはねられ死亡した

男性は当時「要介護4」の認定を受けていたが、同居していた当時85歳の妻らが目を離したすきに男性は外出していた。

遠方に住む長男が介護方針を立てたり、財産の取り扱いを決めたりしていた。

20年以上別居状態。

JR東海は家族が監督義務に違反していたとして、振り替え輸送費など約720万円を支払うよう求めて提訴した。

事件が起こってから8年余り。今回で決着がついた。

一審・名古屋地裁は長男の監督責任と妻の過失責任を認め、2人に約720万円の賠償を命令。

二審・名古屋高裁は長男の監督責任は認めなかったが、妻は監督責任があったとして約360万円の支払いを命じた。

2月2日の最高裁で開かれた弁論ではJR側が「同居していた妻や介護の方針を実質的に決めていた長男には監督義務があったのに対策を怠った」と主張したのに対して、家族側は「一瞬も目を離さずに見守るのは不可能で、監督義務を課すと家族の負担が過酷になる」と反論していた。

3月1日の最高裁判決では、上告した妻は監督義務者に当たらないと判断し、賠償責任もないと結論づけた。

■遺族「ほっとした思いだ」

「良い結果に父も喜んでいると思う」

「いろいろなことがあった」と振り返り、最高裁判決に「大変温かい判断をいただいた。良い結果に父も喜んでいると思う」とコメントで感謝を込めた。

浅岡弁護士は会見で、「配偶者や家族であることだけでは、『監督義務者』にあたらず、特別な状況がなければ、監督責任を負わないと判示された。画期的な判決だったと評価している。家族法の分野についても重要で、成年後見人の制度についても、とても素晴らしい判決だった」と強調

JR東海は「個々にはお気の毒な事情があることは十分に承知しているが、当社としては、列車の運行に支障が生じ、振替輸送に係る費用なども発生したことから、裁判所の判断を求めたものであります。今回の判決については、最高裁の判決でありますので、真摯に受け止めます」というコメントを発表

▼この判決にネットは炎上中

未成年→親に監督責任 成年(生存)→もちろん本人に責任 成年(死亡)→遺族に賠償責任 認知症→誰にも責任なし おかしいだろやっぱこれ

最高裁が全面的なJR側の敗訴には正直違和感を感じる。なぜなら、監督責任が家族は完全であったか?という、債務不履行さえ認めなかったということだからである。 今後、高齢者の認知症の数は700万人にも... npx.me/sUAK/KeoV #NewsPicks

認知症の裁判の件、少しくらい家族は責任背負った方が良いと思うけどなー 認知症だったから仕方無いじゃ済まされないし、電車遅れて仕事遅れた人で給料に影響受ける人も居ただろうし、迷惑掛けてるんだからそこら辺なー、考えて欲しいよなぁ(しっかり読んでないけど)

家族に賠償責任なし。認知症事故賠償訴訟・JR敗訴。 介護だけでも大変なのに、 事故の責任まで負わされたら厳しすぎるでしょ。 妥当な判決じゃないの。

1 2





ユーロの行方さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう