1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

先祖が見えた!!死の間際に発生する「お迎え現象」を4割以上が経験していた!

「死」これは誰もがいつかは直面する出来事である。この死について「お迎え現象」という言葉を聞いたことはないでしょうか?お迎え現象とは亡くなる前、誰もいないのに誰かと会話をしている様子を見せたり、「故人が会いに来た」と語ったりすること。いわゆる「お迎えが来た」という状態です。

更新日: 2016年03月02日

yasu27kさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
161 お気に入り 203951 view
お気に入り追加

▼「死」これは誰もがいつかは直面する出来事である。

出典omj9.com

他人の死、友人の死、家族の死、そして自分の死。
人は常に死と隣り合わせに生きています。

誰もが身近な人の死に直面した経験があるかと思います。両親、兄弟、友人、親戚、自分の愛する人たち。そしていずれその死に直面するときが自分にもやってきます。

▼この「死」に関して非常に興味深い調査が行われている。

家族や知り合いが亡くなる前、誰もいないのに誰かと会話をしている様子を見せたり、「故人が会いに来た」と語ったりする場面に遭遇した経験はないだろうか。

死の間際に亡くなった人々が枕元に立つ「お迎え現象」については、医師と社会学者らによる学術的な研究調査がある。

▼このお迎え現象が約4割の人に起こっているのです。

500人の方の遺族にアンケートをとったところ、4割の人にお迎え現象があったという。

見えたもの、感じたものは多い順に「すでに亡くなった家族や知り合い」、「その他の人物」、「お花畑」だった。

誰かが迎えにこなくとも、「三途の川」に代表されるような不思議な景色の見える場所にいたと証言する人もいる

●さらにこのお迎え現象はほとんどの場合自宅で発生するという。

「お迎え現象」が起こるのは自宅が圧倒的に多く87.1%で、病院は5.2%しかない。

亡くなる数日前が一番多く43.9%で、「お迎え」が来てから1~2週間以内に旅立つ人がほとんどだ。

●ネットでも多くのお迎え現象が報告されている。

【話題】亡くなる前の「お迎え現象」42%の人が体験。 故人と会い、恐怖和らぐ bit.ly/1X8AeWz ウチの婆さんのときには飼ってた柴犬が来たっぽい。つか、爺さんが迎えに来てやれよって思った。

「病院で意識が無い時、お花畑に爺ちゃんが立ってて、おいでって呼ばれたけど、まだ行かないよ?って伝えたら、意識が戻ったんだよ」なんて親が話してた! 亡くなる前の「お迎え現象」 本当にある?  Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160204-… #Yahooニュース

@niraikanai07 フォローありがとうございます❣️ またよろしくお願い致します お迎え現象 絶対にあります‼︎ 祖父が 亡くなる少し前 亡くなった祖母と自身の妹が 会いに来てくれたと話していました

昨日ヤフーニュースにお迎え現象とか書いて有ったが本当に経験しました。二晩続けて亡くなった両親が来て二日目に一緒に行くか?と言われ私は何故かちょっと少し待ってと返事をしたらそれ以来見ませんがあの時行くと言ったら終わりだったのかと。だから私はまだ大丈夫何だなと^_^

▼さらには”顔がほころぶ”という現象も確認されている。

死の目前にお迎え現象が起き、何かが見えているのかもしれません。

2~3日前から亡くなる直前の間、患者は周囲のことにすっかり無関心になり、いよいよ最期の時を迎える瞬間、まるで別の世界にいるような感じで、顔がほころぶのです。

あの世から来た「お迎え」に患者たちが反応しているように思えてならない

▼このお迎えは死への恐怖を和らげるためと思われている。

死への防御本能が働いているのかもしれない。

1 2





yasu27kさん

芸能ニュースやガールズニュースを中心にまとめます!興味のある方はお気に入り登録お願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう