1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

マツコの知らない世界で紹介された新品種いちご4選♡食べたい~

新品種の苺が美味しそうですね!品種改良されたいちご4種類をマツコの知らない世界で紹介。食べたいよね!

更新日: 2016年03月08日

pinkswan999さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
29 お気に入り 15866 view
お気に入り追加

新品種いちごとは…?

イチゴは、2000年以降に開発された見た目や味わいを追及したイチゴを、新品種イチゴという。

イチゴは10~20年くらいで世代交代が行われるため、次々に新しい品種が誕生しています。

品種改良で美味しいイチゴが誕生しています。

マツコの知らない世界で新品種いちごが話題に!

マツコの知らない世界(TBS系列)。2016年3月1日(火)の放送では、マツコの知らないイチゴの世界が紹介されました。

見ても美味しい、食べても美味しいイチゴの世界を語ります。

まりひめ 和歌山の新品種

完熟になるまで待ってから収穫しますので、糖度が高く、食べた瞬間にイチゴ本来のコクのある甘さとジューシーな果汁が口中に広がります。

実のサイズも大粒のものが多く、果汁をたっぷり含んでいます

和歌山県のオリジナルいちご「まりひめ」は、さちのかと章姫の交配からできた新しい品種。

@wwjdwwjd まりひめ見ました 酸味が無い苺も魅力的ですね!!他の苺も見ましたがまりひめ1番食べたくなりました(´¬`) あそこならファンミできそうですね笑

和歌山ではポピュラーな苺「まりひめ」県外にはあまり出回ってないんだー。 スッゴく美味しいのになぁ。

鍋ちやんにもらった まりひめ〜❤️うまあ〜❤️ しあわせ 今年も絶対苺狩りいくー!❤️ pic.twitter.com/kW93zrpbPj

いばらキッス 茨城県の新品種

熟しているのに、キレがあり、さわやかな味わいが特徴。イチゴ界の及川光博さんと言われている。

「いばらキッス」の最大の特長は、糖度が高く、酸味とのバランスも良く食味が濃厚で優れていることです。

濃厚な甘味とジューシーな食感。

「いばらキッス」は,茨城県が8年の歳月をかけて開発したいちごの新品種です。

果形はやや長めで、果皮は濃い赤色で光沢があります

いちご界のミッチー『いばらキッス』食べてみたい

いばらキッスおいしいーーー!!!!!(੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु⁾⁾ショートケーキの後に食べても全然甘くて美味しい

いばらキッスという品種が苺界のミッチーと言われているそうで、なにがなんでも食べるしかないなと慌てている。

いばらキッス♡ ベイベー食べないと〜 (*≧∀≦*)いばらキッスは、イチゴ界のミッチーなんだって(*^^*) pic.twitter.com/Hfzut1UVLh

ももみ(桃薫) 長野県の新品種

品種改良で見た目や香り・味などを桃に近づけたイチゴ。若干白っぽい。鼻に抜ける桃の香りを感じられ、強い酸味と甘み、しっかりとした果肉が特徴だ。

イチゴといえば誰もが思い浮かべるのは真っ赤な色ですが、「桃薫」は完熟してもサーモンピンク。本体からはモモのような、独特な甘い香りが強く漂います。

1 2





pinkswan999さん

ストリートファッション&アレンジを中心に紹介しています♪素敵なアクセサリーやファッションアイテムもすこしづつですがアップしますね♪。お気に入り登録していだければ、励みになります。よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう