1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

お釣り計算で「数学」履修!?…とある通信高校の授業がひどすぎる

国の就学支援金をだまし取った疑いがある「ウィッツ青山学園高校」が、お土産を買ったお釣りの計算をしたことで、数学を履修したことにしていたことがわかった。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年03月02日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
40 お気に入り 64997 view
お気に入り追加

○お釣り計算で「数学」を履修していた

国の就学支援金をだまし取った疑いがある「ウィッツ青山学園高校」が、お土産を買ったお釣りの計算をしたことで、数学を履修したことにしていたことがわかった。

文部科学省は不適切な授業内容だとして新入生の募集を見直すよう地元の自治体に通知することにしています。

文部科学省も2日、高校を監督する市に改善を求める通知を出す予定。

○USJでの散策も面接指導の授業計画として転用

伊賀市によると、青山学園高の通信制の生徒は全国にある学習支援施設に通い、年2回程度、伊賀市の本校で直接教員の授業を受けることになっている。

同校は、伊賀市やUSJなどへの旅程を記した計画書を、面接指導の授業計画として転用。

USJに行って買い物してその時のお釣りの計算を数学の授業履修の単位を認定した高校、ちょっと天才かなと思う

○通信教育でも「スクーリング」が義務づけられている

教員が生徒に面会して指導する「スクーリング」と呼ばれる授業や、レポートの添削指導、それにふだんの学習の習熟度を把握するための試験を行うことなどが義務づけられています。

通信教育によって学んでいる人が、教室で教員と直接対面して授業(講義、演習、実験・実習・実技)を受けることをいう。

全日制の高校の授業と同様に教員が生徒の前で講義をするなど対面して行うのが原則で、生徒一人一人の学習能力に応じた教育を行うことが求められています。

○夜景鑑賞で「芸術」 レストランで夕食で「家庭科」

移動中のバスで、日本と外国の映画を鑑賞し、「国語」と「英語」を履修したことにしたほか、公園で散策やスケッチをして、「芸術」、「理科」、「体育」を履修したことにしていた。

本校に向かうバスでの洋画鑑賞を英語の授業とみなしたり、移動中に立ち寄ったドライブインでの昼食を家庭科の授業として扱ったりしていた。

このほか、「駅から学校まで歩いて訪問」したことは「体育」、「アイスクリームの手作り体験」は「家庭科」「社会」の履修としていました。

○学校ではこれらの行事を「スクーリング」として組み込んでいた

ウィッツ青山学園高校では、ウェブサイト上に、これらの行事を「スクーリング」と題して、写真などを掲載している。

本校での必要な授業時間を満たさなかったため、お釣りの計算を授業に組み込んだという。

○このニュースについてネットでも話題になっている

学校の数学は「脳の基礎体力作り」という側面もある。しかるに、高校でお釣り計算は、リハビリレベルだろ、これ。

テーマパークでお釣りの計算をした=数学を履修(ドヤァ) 伊賀の忍者博物館を訪問しスマートフォンで歴史を調べた=情報と地理歴史と国語と履修(ドヤァ)、などなど。 これ、小学校じゃなくて高校の話だぞ。ふざけんなwwww

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう