1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

これは凹む…世界一家事をしない、日本の夫の現実

日本人夫婦の家事分担にはいろいろ根深い問題が…(´・ω・`)

更新日: 2016年03月03日

zawawa23さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
186 お気に入り 186444 view
お気に入り追加

日本は世界一「夫が家事をしない国」らしい…

近年、男性が家事を行うことも一般的になってきましたが、、

子供がいる夫婦の家事分担率で、日本の夫は各国比較最低の18.3%と、日本の夫の家事分担率は断トツで世界最下位だった。

ワースト2のチリとの差も大きく、2割に達していないのは日本だけ!!

時間で見ても日本は断トツ最下位(グラフ1番上)

日本の夫の家事・育児にかける時間は1日平均1時間程度で、欧米諸国と比べて3分の1程度となるなど、夫の育児参加が進んでいないことがわかる。

日本で日常的に行われている夫婦の家事・育児の分担は、国際的に見るとかなり特異なようだ。

しかも妻が専業主婦かどうかは関係ナシ

夫が負担する家事で最も多いのはゴミ出しで、共働き世帯は2人に1人、専業主婦世帯でも半数近くが行っている。

Photo by Jupiterimages / PHOTOS.com>>

家事比率については、専業主婦家庭の夫が担う割合は1割程度なのに対し、共働き世帯の夫は2割程度と大差はなく、結局女性の負担は大きく、男性の家事領域が狭いことがわかる。

最近は、家庭における男女の家事分担が平等になりつつあるとはいえ、それでも、女性が家事をこなす割合が多いのが現実のようだ。

家事をしない夫の話。私の周りを見ても家事をやらない人はどうしたってやらない。そういう人生を送ってきたのだろう。つまりそれが許されていた。生死に関わるとか本気で必要な状況に追い込まれないと、多分やらない。

勤務時間が影響してる訳ではなさそう

日本では深夜におよぶ長時間の残業も多く見られ、「KAROSHI(過労死)」という言葉が英語の辞書にのってますが…

日本は世界一「夫が家事をしない」国じゃなくて家事を出来ないくらい仕事させられてる国なのでは???

世界労働時間ランキングによると、日本は1,729時間で労働時間の長い順だと21位。1位のメキシコと比較すると、499時間も少ない。

日本は1位じゃなくて21位…。1位のメキシコと比べても499時間=約20.8日少ない…

「日本人は働き過ぎ!」とは一概にはいえないのは、このデータからも分かる。

ちなみに1位のメキシコ男性の家事分担率は世界第2位でかなり積極的

働きすぎと言えないとはいっても、、一方でこんな意見も。

通勤時間の平均と比較してみたら面白い相関関係が出るかもね。 朝8時に家を出て、夜10時に帰り着くとしますわな。睡眠・食事・入浴その他身支度に計8時間使うとして、残りは2時間。 その2時間も全部家事に使えと。 夫って何? 奴隷?

仕事と子育ての両立に必要な事として、「勤務時間の調整のしやすさ」と「職場の理解」を多く求める結果がでている。

背景には社会に根付いた意識の問題が…

男女フルタイムで働いているにも関わらず女性の負担が大きいのは、女性が家事を担うという意識が社会全体に根付いているからにほかならない。

また、普段の流れを乱されて二度手間になるから「やらなくていい」「やらないほうがいい」と思う女性の家事に対する意識もある。

男性も「手伝っている」という意識が強く、あくまで家事育児の主体は女性だと捉えていることがほとんどだ。

Photo by Martin Poole / DigitalVision

1 2





zawawa23さん

気になったことをまとめて行きます。どうぞよろしくお願いします♪

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう